コンセントが火花で焦げた【ショートした】

コンセントが火花で焦げたら(ショートしたら)要交換

「コンセントに差し込んだ瞬間、火花が出て焦げた」と言う場合はコンセントが破損している可能性が高いです。

必ず交換しましょう。

コンセント内部でショートする可能性あり

コンセントは分電盤から配線されています。

しかし、配線されたコンセントから分配してさらに別のコンセントにつながっている事も少なくないです。

正常なコンセントはショートしないように製造されています。

しかし一回でもスパークしたコンセントは絶縁体が破損する事もあります。

するとコンセント内部でショートが起きます。

何もしていないのにスパークする可能性があり、ひいては火事につながることも考えられます。

ショートしたコンセントは必ず交換すべき

何度も言いますが、火花が散ったコンセントは内部が破損していることもあるので、交換しましょう。

コンセント自体は数百円〜千円ちょっとくらいです。

コンセント本体より出張費、交換工事費などの方が高いです。

しかし「火事」になることやパソコンに悪影響を及ぼすことを考えれば少し高く感じるかもしれませんが先を見て工事をしておくべきです。

通常数千円〜1万5千円位でやってくれるところがほとんどだと思います。


 詐欺に注意

ネットとマグネットには注意が必要、と伊藤四郎・吉田照美の親父パッションで言っていました。

「トイレの詰まり」を依頼したら30万円請求されて支払ったと言うメールが読まれていました。

消費者センターに相談したところ「①既に支払い済みである ②自分で依頼した」と言うことなので訴えてもかなり不利だと言われたとのこと。

消費者センターに人に「ネットとマグネットには注意してください」と言われたそうです。

コンセントだからそんな事もないとは思いますが念の為依頼する前に「概算で良いのでいくらくらいか教えてください」と聞いておくのも一つの防衛手段だと思います。

 


Yahoo知恵袋でも質問があったようです。

「コンセントが焦げました。どうしれば良いでしょうか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です