壁をコンクリート柄にしたい

室内の壁をコンクリート打ちっぱなしにしたい。

鉄筋コンクリート造の建物ならコンクリートの壁は石膏ボードを解体すれば出てきます。

木造の場合はコンクリートの壁は何処を探してもありません。

それならコンクリートの壁紙があるではないか、と思い探してみました。

上の一番左のクロスはコンクリート打ちっぱなしそのもののクロスです。

真ん中は色がかなり濃いです。

濃い色は落ち着く反面部屋の中が暗くなるのは否めないです。

いずれも、リリカラのWILLと言うシリーズです。

これはサンゲツのリザーブと言うシリーズです。

ただし実はコンクリートの打ちっぱなしはもっと表面が荒れていて、且つパターンがないのでかなり無機質になります。

コンクリートの素材感を全面に押し出すデザインは店舗で見られます。

飲食店やファッション関係のお店で壁紙を貼るのをやめて都会的な感覚と視覚的な冷たさを狙ったデザインです。

コンクリートの壁紙は同じ寸法毎に同じ柄になるのでキレイなのですが不自然な感じにはなるかもしれません。

ただ、かなりコンクリートに凝っているとか、コンクリートのデザインにこだわって入り人以外は本物のコンクリート?と思う人が多数だと思います。

コンクリートの壁に囲まれたテーブルで食事する事を考えると非日常的な雰囲気になります。

コンクリート剥き出しのお部屋は見た目冷たそうに見えるかもしれませんが、実は鉄筋コンクリート造は冬はかなり暖かいのが特徴で特にマンションだと周囲の部屋からの熱もありますし、コンクリートによって断熱性能がかなりあるのです。

このようなデザインがお好みの場合はクロスと言う手もあります。

その他コンクリートを成形するときの木で押さえた感じの表面をデザインした柄もあります。

各メーカー様々なります柄があるので、コンクリートに限らず無機質的なデザインも取り揃っています。

カタログを見ながら想像を巡らすのは楽しいですよ。

土間コンクリート

私達は内装業なので外構工事はあまり行いません。

外構工事は基礎工事とか土間コンクリートなどの工事が主です。

比較的小さな面積の土間コンを先日行いました。

2㎡位のコンクリート打設でしたが、画像を見てわかる通り練っているコンクリートは除いても砂が5袋見えます。

これにセメントと砂利を混ぜ合わせるのですがたった2㎡なのにこれだけの材料が必要です。

内装の2㎡と土間コンクリートの2㎡とはかなり違います。

工事費も雲泥の差になります。

この面積でも丸一日の仕事量です。

こうやって丁寧に仕上げると

こんな風に仕上がります。

解決工房は内装のリフォーム会社です。

しかしたまにエクステリアも手掛けます。

自転車置き場をコンクリートに

玄関横に自転車を置くのですが、一段下がっていることと、土橋なので雨の日に使いにくい。

使い勝手をよくするためにコンクリートのご希望がありました。

まず、砕石を敷き詰めます。

そこに鉄筋を敷き、コンクリートを打設します。

2平米もない位ですが、コンクリートを練り込むのはかなりの量になります。

セメント、砂、砂利を混ぜ合わせます。

仕上がりはこんな感じになります。

土間コンクリート

イナバの物置の車庫版。

ガレーディアの最終日です。

建物は既に完成していますが、その中と周りのコンクリート打設が今日終わりました。

昨日は鉄筋を入れました。

 

そして今日はコンクリートミキサー車が入ります。

車庫の中とその周囲に手押し車で運び入れます。

これから左官屋さんがコテで平滑化をしていきます。

勿論雨の流れ方向は既に打ち合わせ済みですので微妙な勾配をつけてくれます。

なお、車庫なので、コテ仕上げではなく刷毛仕上げにしてタイヤのスリップを少なくします。

あまりツルッツルにするよりも摩擦を大きくした方が使いやすいと思います。

寒いお風呂からの脱出2

今日は土間コンクリートの打設です。

昨日ユニットバス組立業者さんが来て打ち合わせをした結果、天井もやはり解体が必要とのことになり、今日は天井の解体とユニットバスを組み立てるお風呂場に土間コンクリートを打設する作業です。

天井を解体しました。

コンクリートを練ります。

鉄筋を配置した後コンクリートの打設です。

日曜日1日置いて月曜日から給水給湯の配管をポリで、バス暖房乾燥機の為と照明器具の電気配線、ダクト配管などを行います。

本日はここまでです。