脱衣場の寒さは命取り【ヒートショック対策】

冬のお風呂の悩み

  • お風呂に入る前服を脱いだら寒くてブルブルふるえる
  • お風呂でせっかく温まったのに脱衣場が寒くて体が硬直する
  • 寒いのは仕方ないけど心臓への負担や血圧が心配。

浴室は裸なので特に冬は体への負担(血圧上昇、心臓への負担など)がかかりヒートショックに陥ることがあります。

特に血圧が急上昇と急降下を繰り返すのは避けましょう。

今や浴室内を暖房する「浴室暖房乾燥機」は一般化してきていますので浴室内が暖房されて暖かいと体への普段はかなり低減されます。(浴室乾燥暖房機がない場合の対策はコチラ)

血圧の乱高下

しかし、裸になるのは浴室に入るその手前の洗面脱衣場です。

洋服を脱いで体に力が入ると言うことは寒さかの防御反応です。

しかしこの防御反応で血管が収縮し血圧が急上昇することはかなり知られています。

そしてお風呂に入ると血管が拡張するので血圧が急降下することも知られています。

お風呂から出た後にも注意が必要です。

温まった体が冷えた脱衣場に出るとまた体を守ろうと防御反応で血管が収縮し、急激に血圧が上がります。

この血圧の急上昇、急降下がヒートショックにつながるのです。

これは殆どの家庭では対策が取られていません。

画像は洗面脱衣場用暖房機で、TOTOのユニットバス「サザナ」でのオプションです。

浴室暖房乾燥機と同じリモコンで操作できます。

お風呂に入る前に脱衣場を暖かくしておくと体への負担が軽くなることは間違いないです。

ちなみに夏は送風が出来るので一年中使えます。

DIYで取り付けられる脱衣場暖房機もありますのでご自分で取り付けることも出来ます。

結論

このように脱衣場が暖かい(服を脱ぐ所が暖かい)と体への負担が低減されます。

もしお風呂に暖房機がなくてもシャワーで浴室内を温めておけば(関連記事)血圧の急上昇を抑えてくれるはずです。

心臓に不安のある方や血圧に心配のある方は是非考えてみては如何でしょうか?

洗面脱衣場の暖房

ユニットバスの工事最終日。

浴室扉の枠と壁の修復が終わったのでクロスの貼替を行いました。

一昨日大工工事が終わったのでボードが見えています。

パテ処理をしてクロスを貼り、完了ですが、もう一つの工事が残っています。

それは洗面脱衣場暖房器の取り付けです。

クロスが貼り終わった後に暖房器具を取り付けました。

脱衣場で裸になりますが、冬、特に真冬で氷点下になる頃は寒い部屋で裸になると防御反応で血圧が急上昇します。

その後暖かい湯船に浸かると血管が開いて血圧が低下します。

入浴が終わって暖かい所から寒い脱衣場に移動するとまた血圧が急上昇します。

この血圧の急上昇、急降下は体にかなりの負担が掛かります。

年間で交通事故で亡くなる方が3500人(2019年)に対して、浴室でヒートショックでなくなる方が19,000人。

毎日使うお風呂で亡くなるのは痛ましい事です。

脱衣場に設置したのはTOTOの洗面暖房器(TYR330)です。

夏は風を送り扇風機代わりになります。

夏冬快適な環境を提供します。

電源の確保やリモコン設置などの、電気工事が必要です。

私は特に真冬の身体への負担減を考え命を守る為の物だと言えると思います。

特に血圧が高い方にお勧めしています。

ご質問はこちらまでお願いします。

除菌用次亜塩素酸ナトリウムの希釈方法

次亜塩素酸ナトリウムの希釈方法

次亜塩素酸ナトリウムとは、漂白剤の「ハイター」とかカビ落としの「カビキラー」などが代表的な市販品です。

厚生労働省、経済産業省が作り方を記載していますのでこちらをご覧ください。

商品名によって若干、希釈の方法が違うようですので、お手元にあるものを確認して希釈してみてください。

次亜塩素酸ナトリウムの取り扱いには十分注意してください。

スプレーでの使用はやめましょう。

次亜塩素酸ナトリウムの微粒子を吸い込んだり、微粒子が目に入ったりすると炎症を引き起こします。

人間が住みやすい環境はウィルスも菌も住みやすい

人間が過ごしやすい環境とは摂氏20度前後、湿度も多少多い方がお肌にも良い、そんな環境です。

そんな環境がカビもウィルスも生存し繁殖しやすいのです。

詳しい記事がありました。

北里大学 医療衛生学部 公衆衛生学研究室の伊与亨氏が解説しているYahooニュースの記事「次亜塩素酸ナトリウムの使い方」を参考にして下さい。

質問はこちらからどうぞ

漂白剤で除菌は0.1%希釈で

漂白剤を希釈液で消毒

次亜塩素酸ナトリウムと言う言葉、最近少しづつ認知されてきてます。

新型コロナウィルスの除菌をするのに、アルコールが推奨されているのですが、今は市場にないので、次亜塩素酸ナトリウムを希釈して使用しましょう、と言うもの。

このブログでも以前0.1%に希釈して使えば良い、と記載しました。

吸ってはいけない!目にも入れない!

次亜塩素酸ナトリウムは原液や原液に近い濃度だと非常に危険です。

肌に触れると炎症を起こします。金属は変化をしてしまいます。

必ず希釈をして使いましょう!

この時の注意点は希釈したものでも吸ったり目に入れたりしてはいけません。

この希釈液をスプレーで噴射してはいけません。

噴霧を吸い込んでしまう可能性が非常に高いからです。

まとめ:人間にも危険と言うことがウィルスにも危険と言うこと

  • 希釈倍率は守る
  • ゴム手袋をする(ビニール手袋でも可)
  • できればゴーグルをする
  • スプレーとして使わない(噴霧したものを吸い込まない為)
  • 次亜塩素酸が皮膚に付着したらすぐに大量の水で洗い流す

質問ありましたら是非送ってください。