壁のボードと押入れの底板の張替

アパートの一室。

ボードが膨れてきているところが一か所。

上から撮影しましたが、真ん中が膨らんでいるのが分かるでしょうか?

横から撮影。

一部開孔。

新しく石膏ボードを張り直しました。

それから、押し入れ内の底板が一部削られた跡があるところが一か所。

底板をはがす前。

剥がした後

その底板の裏側は、湿気を吸ってしまい、少しふやけていました。

貼りなおしたところがこちら。

物を入れる所ですからやはりしっかりした床であって欲しいですね。

 

壁の膨らみ(2)

前回の続きです。

壁の膨らみ(前回の画像を参照)の修復をしました。

結露または水漏れや雨漏りの形跡は見受けられません。

原因は特定できなかったのですが、考えられるのは、壁内に結露が発生し石膏ボードが膨らんでしまったか、室内の湿気がボードに入り込み膨張したか、それとも施工不良かだと思いますが、既に竣工から18年経過しているので、施工不良ではないと思われます。

ボードを剥がした箇所は復旧します。

GL下地でした。

余談ですがここ最近の新築マンションは軽鉄下地になっているので、後でリフォームしやすいですね。

膨らんでいた箇所を中心にGLボンドからボードが剥離(はくり)しています。

ある程度剥がしたら新しい石膏ボードを貼るために開口するのですが直線を出します。

下地のレベルを調整して木で受けを差し込み新しい石膏ボードを貼ります。

その後クロスを貼るのでクロス屋さんがパテをあてて平面作りをします。

下処理をしたらクロスを貼ります。

クロスを貼った後は省きます。

これで膨らんでいた形跡はなくなり完成です。

壁の膨らみ

壁が膨らんでいる。

たまにある現象です。

原因は一概に言えませんが石膏ボードが下地材からはがれるとか、両側からの力で押し出されて膨らんだ、とか、水や湿気を吸い膨張してせり出したり、と一筋縄では行きません。

その膨らんだ壁の様子が次の画像。(これは腰窓の窓枠の下を水平方向に撮影したもので上の中程に見える2本の線らしきものはカーテンレールです)

手前の枠と壁は影がありますが、中ほどは影が小さくなっているのが分かります。

本来は窓枠が1センチ程度壁よりも出ているはずなのに壁と枠の段差が途中からなくなっています。

一度ボードを剥がしてからでないと原因がつかめません。

軽量鉄骨か、木下地か、GL工法か。

水漏れとか雨漏りとか出ない事を祈りつつ工事を待ちます。

この続きは次回