壁を取り払うリフォーム

マンションで間仕切り壁を撤去して一つの部屋にします。

向こう側は和室です。手前がリビング。

建具を取り畳も撤去します。手前のリビングの床はクッションフロアでこの後剥がします。

まだ壁、扉の枠や押入れがあります。

壁はなくなり押入れは折戸に変わっています。

まだ壁紙は下地処理の段階です。

壁紙が終わりました。

同じ視点から撮影したものです。

全く違う部屋になりました。

壁がなくなり、和室の形跡が全くなくなり入り口の扉も2mの高さになっています。

建具も床も新しく白系の木目で統一しています。

既存の建具は単色で少し無機質的だったのが木目調で暖かく感じるのではないでしょうか。

以前の和室に行く引き戸の高さも180cmないので私は頭が当たる事もありましたので狭い感じにも感じられました。

和室がなくなるのは畳で横になってくつろぐのが好きな私としては少し寂しく感じます。

今や洋風の生活様式になりましたからソファーを置いて家族団欒などくつろぎのスペースになってくれると工事した者としては嬉しいです。

※建具:大建工業  床:サンゲツ「フロアタイル」  壁:リリカラ

2部屋を1部屋に

和室と洋室を1つの部屋にして大きく使いたい。

そんなご要望にお答えするのがリフォーム屋の仕事の醍醐味でもあります。

畳の部屋で押入れがあり、和室への入り口がある。

当たり前のことですが、解体をしてみるといろいろ問題点が出てくることがあります。

例えば天井の高さが違う。

壁の位置が違う。

これは2つの部屋の間に壁があったから何の問題もなかったのですが壁がなくなることによって壁が段違いだとか、和室の天井が洋室より高い位置という事も多々あります。

写真の和室の中を解体します。

壁、天井、押入れの中、敷居、鴨居など取り払います。

和室の面影が全くなくなりました。

天井も無くなっていますが、これはリビングの天井の高さに合わせる為です。

まだリフォームの途中ですが、出来上がりは後日お知らせします。