テレワーク用のスペースを確保したい

部屋を簡単に分割できないだろうか

  • テレワークで仕事をする時だけプライベートから遮断したい
  • 訪問客が来る時だけその箇所は見せたくない
  • 親が止まりに来る時だけ間仕切したい
  • 日曜・祝日だけ趣味(絵を描く、プラモデルを作る)の為の部屋が欲しい

普段は何もないような部屋が分割できればと言うご要望がありました。

一番シンプルで安価な方法はアコーディオンカーテン。

見栄えを良くすれば価格も上がりますが、折ってたためるタイプのタチカワブラインドの「アコウォール」などがあります。

いずれもたたむと「たたみシロ」が出来ますし、取り付けた位置での間仕切しか出来ません。

弊社が提案する間仕切は壁を取り外すことが出来る「可動式間仕切壁」です。

一般的に壁を増設すると大工工事が必要で、撤去するにもまた大きな工事が必要です。

簡単な工事のみで壁が増設出来たら、と考えました。

メリット

加えて壁だけではなく扉も着脱できる方式です。

この部屋に間仕切りをするのですが2種類の事ができます。

キッチンのある部屋と奥の空間に分割すれば手前を食事の部屋奥がプライベートな部屋として使えます。

この場合はキッチン側をリビングダイニングとし、奥を寝室として分割出来ます。

このように使い方次第で仕切る位置を変えられると言う間仕切り壁です。

大家さんの入居者募集の表示を「1ルーム」から「1LDK」に出来ます。

入居する人にとっても間仕切場所を途中で変えられるので生活スタイルに合わせた設計変更が可能です。

デメリット

  • 壁の強度が強くない
  • 夜は隙間から光が漏れる(特に扉の隙間から)
  • 可動式壁を外した後の置き場所の確保が必要
  • 特注品なので必ず製作前に現場で採寸する必要がある

お問い合わせはこちらまで

有限会社ユーズ(屋号「解決工房」)

壁を取り払うリフォーム

マンションで間仕切り壁を撤去して一つの部屋にします。

向こう側は和室です。手前がリビング。

建具を取り畳も撤去します。手前のリビングの床はクッションフロアでこの後剥がします。

まだ壁、扉の枠や押入れがあります。

壁はなくなり押入れは折戸に変わっています。

まだ壁紙は下地処理の段階です。

壁紙が終わりました。

同じ視点から撮影したものです。

全く違う部屋になりました。

壁がなくなり、和室の形跡が全くなくなり入り口の扉も2mの高さになっています。

建具も床も新しく白系の木目で統一しています。

既存の建具は単色で少し無機質的だったのが木目調で暖かく感じるのではないでしょうか。

以前の和室に行く引き戸の高さも180cmないので私は頭が当たる事もありましたので狭い感じにも感じられました。

和室がなくなるのは畳で横になってくつろぐのが好きな私としては少し寂しく感じます。

今や洋風の生活様式になりましたからソファーを置いて家族団欒などくつろぎのスペースになってくれると工事した者としては嬉しいです。

※建具:大建工業  床:サンゲツ「フロアタイル」  壁:リリカラ

2部屋を1部屋に

和室と洋室を1つの部屋にして大きく使いたい。

そんなご要望にお答えするのがリフォーム屋の仕事の醍醐味でもあります。

畳の部屋で押入れがあり、和室への入り口がある。

当たり前のことですが、解体をしてみるといろいろ問題点が出てくることがあります。

例えば天井の高さが違う。

壁の位置が違う。

これは2つの部屋の間に壁があったから何の問題もなかったのですが壁がなくなることによって壁が段違いだとか、和室の天井が洋室より高い位置という事も多々あります。

写真の和室の中を解体します。

壁、天井、押入れの中、敷居、鴨居など取り払います。

和室の面影が全くなくなりました。

天井も無くなっていますが、これはリビングの天井の高さに合わせる為です。

まだリフォームの途中ですが、出来上がりは後日お知らせします。