天井の工事

マンションで和室と洋室を1つの部屋にする工事ですが、天井の高さが違います。

壁を解体すると天井の高さの違いが目に付きます。

そこで今回は和室の高さを洋室に合わせる工事を行います。

天井はスラブ(コンクリート)が露出します。

吊りボルトを利用して下地を作ります。

そして石膏ボードを張っていきます。

天井の照明の為のケーブルは中心に配置します。

ボードに穴を開けてケーブルを通します。

この後ボード同士の溝にパテを打ちクロスを貼りますが、今回は下地までです。

マンションのリフォームの場合、天井の高さ異なるとか、解体した壁は段違いになっているとか、床の高さが違うなどがリフォームの途中に出現します。

リフォームの難しいところです。

今回は天井の工事途中の様子をお届けしました。