天井の修復工事

天井の修理の依頼です。

2階の天井。

しかも階段の上。

1階から2階に上がる階段の真上の天井なので足場を組まないと張替が出来ないです。

天井は化粧ベニアで仕上げていますが、一部隣のベニヤと段差が出来て、下に落ちかけています。

同じ化粧ベニヤは無いので一旦剥がして下地を組み直し石膏ボードに張り替える予定です。

最後にクロスを貼れば完了なのですが、どのように足場を組み立てるかが課題です。

ある程度頭の中にはあるので工事の時の様子を画像と共にまたこちらでお見せできると思います。

2019年台風19号の被害

何故、去年の台風の話をするのか?と思い方もいるかと思います。

しかし、まだまだ被害の後処理、修復工事が終わっていないのです。

昨日関東に最接近した台風14号は関東地方にはそれほど影響がなく通りすぎてくれました。

三宅島、御蔵島は土砂崩れなどが複数件発生したようです。怪我をした方や巻き込まれた方はいなかったようで不幸中の幸いです。

千葉の鋸南町では2019年の台風19号で被害にあった地域ですが、未だ屋根の修繕が終わっていないお宅もあるとニュースは伝えています。

弊社のお客様でも多摩川の氾濫で被害を被った方がいらっしゃいます。

実は別荘でも被害に遭われた方がいらっしゃいます。

1階の天井が落ちてしまっています。

天井はこのように抜けてしまいました。

かなりの雨量だったので雨漏りが発生していました。

雨漏りで畳にもカビが発生しました。

今後修復工事を行いますが、あちこちに被害があった2019年の台風19号は忘れられないものとなってしまいました。

台風や雨漏り、物が飛んできて家屋に穴が空いた、などの被害がある方はご相談ください。こちらからメールでお願いします。

天井の解体、マスクの効果は?

天井が剥がれてしまいました。劣化です。

クロスの下地は5ミリのベニヤ板で、ベニヤの表面の層がクロスと共に剥がれたようです。

合板は薄い木のスライスを直行するように接着剤で張り合わせて反りが出ないようにした建材です。

一部接着力がなくなって剥がれたようです。

ベニヤを貼り直しても劣化すると同じような状況になってしまう可能性もあるので今度は石膏ボードにします。

今日は天井の解体を行いました。

50年近く経っている建物。

天井を剥がすと埃が凄いです。

これだけ見ると何ともないようですが…

マスクを取ると顔が真っ黒…

マスクをしていても汚れを吸っている空気の流れがよく分かります。

明日は石膏ボードを留める野縁を組み石膏ボードを張ります。

天井点検口

天井裏を点検する為の点検口。

文字通りの用途ですが、大家さんにネズミ捕獲の為に天井裏に通ずる開口部が必要と言われ設置しました。

押入れの中の天井は一般的に天井裏に入れる、もしくは点検できるようにベニヤ板を固定していません。

大家さんにそれを説明しましたが、その開口部はない、と言われました。

30センチ角の点検口を設置します。

鉄骨造の為木造のような押入れの天井はないようでしたので半間巾の収納の中の天井に設置しました。

入居者によるとネズミが中で走り回るそうで、気の毒に思いながらも、これで駆除出来れば入居者さんも安眠できるだろうと思います。

時間にして40分くらいのの作業ですが、木屑や埃は発生しますのでお手数ではありましたが収納内の物は全て出して頂きました。

天井の工事

マンションで和室と洋室を1つの部屋にする工事ですが、天井の高さが違います。

壁を解体すると天井の高さの違いが目に付きます。

そこで今回は和室の高さを洋室に合わせる工事を行います。

天井はスラブ(コンクリート)が露出します。

吊りボルトを利用して下地を作ります。

そして石膏ボードを張っていきます。

天井の照明の為のケーブルは中心に配置します。

ボードに穴を開けてケーブルを通します。

この後ボード同士の溝にパテを打ちクロスを貼りますが、今回は下地までです。

マンションのリフォームの場合、天井の高さ異なるとか、解体した壁は段違いになっているとか、床の高さが違うなどがリフォームの途中に出現します。

リフォームの難しいところです。

今回は天井の工事途中の様子をお届けしました。