フローリングのクリーニング

フローリングのワックスをかけた後何年もの汚れはなかなか落ちません。

これはワックス自体が酸化してしまうことと、汚れがしみ込むこと、そして何度もワックスを重ね塗りすると、ほんの微量の汚れでもワックスに中に封じ込めてしまうので、汚れが目立ってしまいます。

汚れる箇所は良く歩くところが目立ちます。

壁際はあまり歩かないので奇麗なままです。

このワックスに閉じ込めた汚れは剥離剤を使用してワックス自体を根こそぎ取り除きます。

まず、重歩行の汚れがある画像をご覧ください。

次が剥離剤を使用してクリーニングした後です。

その他、全体的に汚れているところが次の画像。

クリーニング途中が次。必ず湿式バキューム(掃除機)を使用します。何故かと言うと目地に入った汚水も吸い込むからです。必ずその後は水拭きをします。

そしてクリーニング後が次の画像。

今回の画像は家具のない状況でのクリーニングです。家具があると家具を置いている部分は掃除出来ません。出来れば家具などのない状態でクリーニングをしたいところです。

ちなみに靴下を履いた状態で歩くとクリーニングの後はすべすべになっていることが良く分かります。

今回はハウスクリーニングの一部を紹介致しました。