和室から洋室に

平成から令和になろうとしています。

平成も31年と言うことは、平成元年に竣工したマンションでも築30年は経過しています。

そしてここ15年は和室を洋室にと言う潮流でした。

ただ、平成はデフレで過ごした時代。

賃貸マンションで、和室を全面的に洋室に変更するのではなく、畳をフローリングにし、襖をクロス貼りにした程度の中途半端なリフォームが多かったのは事実です。

今、これが仇になっていて、中途半端なリフォームをした物件はなかなか決まらないと言う状況が続いています。

和室の面影と言うのは次の通りです。

1. 襖

2. 畳寄せ(畳と壁の間にある1センチ位の太さの木)

3. 長押(=なげし=だいたい高さの壁にある幅のある木)

4. 板張りの天井

5. 押入れ

6. 窓枠の木(無塗装であることとか、木枠の組み方など)

7. そして柱型が壁に存在する真壁であること

これらの一部を残して床をフローリングにしていると非常に中途半端な感覚を持つ人は多いようで平成ならまだしも昭和のイメージを払拭できないのです。

先日ご紹介した2部屋を1部屋にと言うブログはこれらの問題点を残さずに洋室に変えました。

是非ご覧ください。

また、一部づつフローリングに変更するので、床の色が部屋によって違うと言うことも生じます。

ある部屋は濃い茶色のフローリング。

別の部屋は肌色のフリーリング。

それは退去の際の予算内で収めたのがこの中途半端になる原因と言えます。

今は賃貸物件の不況の世の中。

ある程度の予算でデザインや設備の一新をすべき世の中になってきています。

 

賃貸物件のリフォーム

賃貸マンションのリフォームの依頼がありました。

キッチンを替えて欲しいと言うことなのです。

お風呂は交換しないが洗面化粧台は交換する。

私の経験値からの意見なのですが、中途半端になるリフォームは避ける方が良いと思っています。

つまり、人間の目と言うのは正確であるが故に古いところが目立ってしまう。

すると不満が少なからず出るのです。住んだ人は「何で中途半端なんだ?!」と感じる。

新品で綺麗なキッチンがあるのに、床はそのままなので床の古さが目立つ。

浴室がユニットバスで綺麗になっているのに、洗面化粧台は古い場合「何故洗面はそのままなんだろう?」と考える。

大家さんにだって予算がある。

全部が全部リフォームするにはそれなりの予算組みが必要になってくるわけです。

そこで低予算で綺麗に見せる方法が我々に問われているのだと思います。

さりとて全てを満足させるにはそれなりの予算がやはり必要になってくるのですね。

個人的な考え方ではありますが、

1.表装工事

2.設備工事

3.建具工事

大きくこの3点ですが、原状回復工事は主に1.の表装工事のことに等しいと思います。

2.の住宅設備工事はキッチン、お風呂、洗面、トイレですが、これは10年を一区切りとして考えると恐らく20年や30年はそのままの場合が多いです。

しかし、ここを交換しなければ、これから借り手が離れてしまうことも避けられないと思っています。

そして建具。

表装が綺麗になり、設備が新しくなって建具を替えない場合、建具が古く見えるのです。

中途半端ではないリフォームをお勧めします。

古くて予算がない大家さんには「0円リフォーム」をお勧めしています。

 

決まるようになる賃貸物件の作り方

賃貸マンション、賃貸アパート、賃貸の戸建。

賃貸物件の原状回復工事を長年やってきましたが、最近は空き家が多くなってきています。

これは借りようとする人が減ったと言うこともあります。

分譲マンションが思いの外安く購入できるから、賃貸で払い続けるより買った方が良いと言う考えの方が賃貸から分譲に移ったと言う絶対数の減少も考えられます。

賃貸なら駅近、陽当良好、駐車場付き、3LDK以上、賃料が安い、など条件はいろいろだと思います。

例えば殆ど電車を使わない人は駅から遠くても何の問題もない。

毎日電車通勤だと駅近が何かと便利だと思います。

私もいろいろ賃貸物件を見るのですが、室内の画像を見た瞬間、次の物件を探すようなことがあります。

設備や内装が古臭い場合がそうで「機能は最低限だけど駅近もしくは賃料が安いじゃないと借りたくないなあ」と思うわけです。

ところが、内装がスタイリッシュだったり、設備がある程度綺麗なところは必ずその物件の情報を最後まで確認します。

やっぱり気持ちが良い方が心が動きますからね〜

駅から遠い場合、電車を利用することの少ない私などは、バスかタクシーで駅まで行くようにします。

それは飲み会などがある場合、車では行けないのでタクシーを利用しますが、殆ど飲むことをしない私は年に数回タクシーを利用するだけです。

そうすると賃料が比較的安い駅から遠い物件でも問題ないわけです。

でも、駅から遠くても良いと言う方は少ない気がします。

徒歩15分とか19分とかならまだ歩くにしても駅から徒歩25分と言われると、借り手も少なくなるはず。

今は設備や内装を交換する時期に来ているのではないか、と思っています。

綺麗になればやはり目を引くし、考えてみようと思うのが人情ではないでしょうか?

物件のアピールポイントを作っていかなければならない時代に突入したと、私は退去立会いをしているので、最近特にそう思い始めています。

大家さんでなかなか決まらないと思っているのであれば、ご相談下されば提案できます。

一度お問い合わせ下さいませ。