賃貸マンションの退去の立会い

賃貸物件には退去がつきものです。最近の不動産業者は退去の立会いをしないところがあり、大家さんからひと月以上前に退去の立会いの依頼がありました。

清算書類は不動産屋が作成するので、退去時の室内の様子(つまり故意過失がないかどうか)を賃貸人と確認をして欲しいとのこと。

つまり万が一故意過失があったら退去する方に確認を取りその費用は負担してもらうことに同意を得なければなりません。

もちろんこれは言うまでもなくレンタカーと同じで破損などがあった場合は借りた人が費用負担をすると言うごく当たり前のことです。

この数年で入居者の負担は激減し、その分大家さんの負担は増えています。

今回は全く問題がなく、特約事項に記載された1ヶ月分の家賃を償却すると言う内容で合意し、退去は終了しました。

昔はかなりの割合で入居者の負担も多かったのです。

特にひどかったのは悪徳不動産がどんな小さなことでも汚損だ、破損だと行って数百万もの賠償金を請求するケースも中にはあったようです。

こう言うケースは泣き寝入りが多かったようですが、裁判で争うことになる場合もあったようです。

こんな悪徳業者がいたから国も動き、今では大家さんの負担が増えてしまいました。

今回の立会いでは女性3人でシェアしていたとのことでお部屋はかなりキレイでした。

私たちは立会いなどもやっています。ただし、これ専門でやっているわけではありませんので悪しからず…^^;