テレワーク用のスペースを確保したい

部屋を簡単に分割できないだろうか

  • テレワークで仕事をする時だけプライベートから遮断したい
  • 訪問客が来る時だけその箇所は見せたくない
  • 親が止まりに来る時だけ間仕切したい
  • 日曜・祝日だけ趣味(絵を描く、プラモデルを作る)の為の部屋が欲しい

普段は何もないような部屋が分割できればと言うご要望がありました。

一番シンプルで安価な方法はアコーディオンカーテン。

見栄えを良くすれば価格も上がりますが、折ってたためるタイプのタチカワブラインドの「アコウォール」などがあります。

いずれもたたむと「たたみシロ」が出来ますし、取り付けた位置での間仕切しか出来ません。

弊社が提案する間仕切は壁を取り外すことが出来る「可動式間仕切壁」です。

一般的に壁を増設すると大工工事が必要で、撤去するにもまた大きな工事が必要です。

簡単な工事のみで壁が増設出来たら、と考えました。

メリット

加えて壁だけではなく扉も着脱できる方式です。

この部屋に間仕切りをするのですが2種類の事ができます。

キッチンのある部屋と奥の空間に分割すれば手前を食事の部屋奥がプライベートな部屋として使えます。

この場合はキッチン側をリビングダイニングとし、奥を寝室として分割出来ます。

このように使い方次第で仕切る位置を変えられると言う間仕切り壁です。

大家さんの入居者募集の表示を「1ルーム」から「1LDK」に出来ます。

入居する人にとっても間仕切場所を途中で変えられるので生活スタイルに合わせた設計変更が可能です。

デメリット

  • 壁の強度が強くない
  • 夜は隙間から光が漏れる(特に扉の隙間から)
  • 可動式壁を外した後の置き場所の確保が必要
  • 特注品なので必ず製作前に現場で採寸する必要がある

お問い合わせはこちらまで

有限会社ユーズ(屋号「解決工房」)

お部屋の間仕切り(タチカワブラインド)

DK6帖と4帖半の部屋を1つの部屋にリフォームしてLDKにすることはよくあります。

以前は4.5帖が寝室だったとすると、ベッドの場所がなくなります。

そうなるとやはり2部屋のほうが良いと思うこともありますね。

そんな時アコーデオンカーテンで間仕切りをすることはできます。

が…

あまり格好良くはないと思います。

そこで間仕切りの為の引き戸とか折戸があります。

タチカワブラインドのプレイスです。

この間タチカワブラインドのショールームに行った時の画像です。

こんな感じの折戸です。

こんな風に折りたためます。

他のデザインもあります。

使い勝手としては…

タチカワブラインドはブラインドだけではありません。

こんな間仕切り折戸もございます。

リフォームの際部屋と部屋の間仕切りとして採用するのも良いかも知れません。

お客様が来た時は間仕切りをして部屋を隠すとか。

逆にお客様が来た時に間仕切りをたたんで多くのお客様を招き入れるなど、考え方は人それぞれです。

ライフスタイルに合わせた使い方を考えるのも楽しいことですよね。

カーテンの代用品(ブラインド)

窓にはカーテンが普通ですが、ブラインドも雰囲気が変わったインテリアになります。

上の画像は普通の窓でカーテンレールの状態。

ブラインドも白にして壁と一体化できますよね。カーテンはレースは白が多いですが厚手のカーテンは白は殆ど見ません。

ブラインドの良い所は角度をつけて外からの視線をシャットアウト出来る事です。

光の入り具合をコントロールできるのはカーテンにはない機能です。

ただし、カーテンとは違い少し無機質になってしまいます。

次の画像はキッチンを隠すためにロールスクリーンが活躍します。

来訪者にキッチンを見せない為にロールスクリーンを取り付けます。

これは生活感を消す為に取り付けました。

ちょっとした事で雰囲気を変えることが出来るので間仕切り壁を大工工事するよりも安価で短時間で出来るプチリフォームと言えるかも知れません。

ご質問はこちらまでお気軽にどうぞ