部屋の寒さ対策は窓リフォームがおすすめ

部屋の寒さを改善するには窓リフォーム

部屋の暖房が逃げていく窓をリフォームすべきです。

何故なら部屋の熱損失は窓が6割を占めるからです。

なぜ窓のリフォームが必要なのでしょうか?

窓はアルミサッシがほとんどです。

このアルミは熱伝導率が高く部屋の暖かさはアルミから外に出て行きます。

裏を返せば外の冷気が部屋の中にアルミを伝わって入ってくるのです。

※熱量保存の法則

暖房を入れても暖かくなりにくい

暖房をしているにもかかわらず暖かくならない、もしくはなりにくい。

窓が結露してびしょびしょになることはありませんか?

部屋を暖房していても窓が外気に接していて前述のアルミが冷気を中に伝えているので結露します。

つまり窓がかなり冷たいと言うことです。

断熱をする

窓を断熱すれば、結露も起きにくくなります。

これは外の冷気が直接金属(アルミサッシ)から部屋に伝わらないからです。

木造戸建て住宅はマンションより寒い

戸建てに住んでいる方から相談を受けます。

「冬が寒い」

「断熱材が入っていない?」「手抜き工事?」などと疑いを持つ方もいます。

ほとんどのケースで断熱材が入っていない、と言うようなことはありません。(もしかすると本当にあるのかもしれませんが)

実際に天井裏を覗いてみると壁には断熱材がきっちり入っています。

実はマンションに住んでいて家族が増えたから一戸建てに移り住んだ、と言う方からの声が多いです。

マンションは集合住宅と言われていて、両隣、上下、斜めの住戸に囲まれていて「外」に面しているのは玄関側とベランダ側の2面のみです。

隣接した部屋が断熱層になっているのです。

これに比べて戸建ては四方八方が外気にさらされていますので熱が奪われます。

寒さ対策案

窓リフォーム

これら2つの対策が寒さをかなり緩和します。

熱を逃さないようにするのが寒さ対策の一番のポイントです。

以上のように窓のリフォームをすることで熱損失を低減できます。

部屋が寒いと感じる場合は窓を見直してみましょう。

建築士に相談するのが望ましいと思います。


窓以外の寒さ対策

断熱材の見直し → 壁の断熱材が入っているか、量が少ない。断熱材をロックウールにする。

壁の見直し → 壁は石膏ボードを二重にする

床の見直し → 床下の保温材がない場合は保温材を入れる。ある場合は風が通り過ぎて熱を奪っている場合は風対策が必要。