窓サッシはアルミから樹脂へ

昔、と言っても50年程前までは窓は木組みが主流でアルミはありませんでした。

その後団地がステイタスになった頃は窓は鉄枠でした。

つまり丈夫になった、と日本人は喜んでいたのです。

その後アルミサッシが主流になり現在までサッシと言えばアルミが殆どです。

密閉性はかなり高くなり外からの騒音防止や台風でも雨が浸入しない、衝撃にも強今割には軽く、鉄に比べて加工がしやすいなどメリットは多いです。

しかしデメリットもあります。

そのデメリットがあるのでヨーロッパ、特にドイツ、ではアルミサッシはないようです。

アルミは熱伝導率が高いので、冬場は外の気温をそのまま部屋うちに伝えてしまいます。

特に冬は部屋の中が暖かく湿度が高いとアルミサッシは簡単に結露します。

それを防ごうと不二サッシは内側が樹脂になっています。

分かり辛いかも知れませんが左側(部屋側)が色が違います。

この部分が樹脂になっています。

そのうちに窓は樹脂製が主流になるのではないでしょうか?

熱伝導率の低い樹脂なら結露も少なくなりカビの発生が抑えられるので健康にも優しいのです。

サッシに関するご質問はこちらまでお願いします。

窓サッシの交換(解体)

電動シャッターを取り付けたいご希望のお客様からの依頼。

当初LIXILでご提案しましたが、文化シャッター製に変更。

シャッターだけではなく、サッシ交換も依頼があったので少し大きな工事になります。

外壁材を取り払い、庇を取り除きます。

雨戸も取り去るとこのような状況になります。

サッシの取り外しは新しいサッシが来る時に入れ替えます。

何故かと言うと古いサッシを取り払うだけだと大きな開口が出来るだけ。

雨や泥棒が入って来る事を考えれば取り外したままと言うのはあり得ませんよね。

新築ならまだ誰も住んでいないし、物もないので盗まれる事もないし、多少雨が振り込んでも内装や設備が未着工なので問題ありません。

しかし私達はリフォーム専門の会社なので住んでいるお宅を工事しますので開けっぱなしにする事は出来ません。

ところで、こちらは築50年以上の家屋ですが殆ど傾きもなく長年の風雨にも耐えていてしっかりとしています。

昔の大工さんは良い仕事をしています(人にもよるでしょうが…)

この後、サッシを入れ替えますがそれは後日お知らせします。

それから今回新しく入れるサッシは不二サッシ。雨戸の代わりの電動シャッターは文化シャッターです。

サッシリフォームに関するご質問はこちらまでお願いします。