日本の住居が暑い理由

日本の窓は世界でも取り残されているくらい遅れているようです。

先進国ドイツでは使用禁止の素材が日本の窓には使われています。

日本でも昭和の30年代までは窓は木で作られていました(もちろんガラス以外の部分です)

ドイツではかなり前から樹脂製の窓になっています。韓国は普及率が80%ほどあるそうです。

日本では当たり前のアルミサッシが実は遅れているのです。

https://gentosha-go.com/articles/-/28478

アルミは熱伝導率が非常に高いので夏は外の熱を部屋内に伝えてしまいます。

もちろん、冬の外の温度も中に伝えてしまいます。

冬、0度の時雑巾でアルミの手摺りを拭くと白くなります。これは瞬時に水分が氷結してしまうのです。

YKKap樹脂製のサッシは結露が出ないのでカビの発生は抑止できるなどのメリットを記載していますので確認して下さい。

デメリットは上記のYKKapのホームページには記載がないようなので記します。

  • アルミより強度が弱い
  • 紫外線に弱い
  • 高価

マンションは窓サッシは共有部になるので勝手にリフォームできません。

そんな環境で結露を防ぐ、断熱効果が欲しい場合は内窓を取り付けることが望ましいです。(内窓は樹脂製です)

YKKapはプラマード、LIXILはインプラスが主なブランドです。

内窓についてのご質問はこちらまで

断熱には二重サッシ

冬の寒さ。

夏は直射日光の暑さ。

冬は暖かく、夏は涼しく過ごしたいものです。

サッシの内側にもう一つサッシを設置する事でサッシが二重です。

LIXILでは「インプラス」と言うシリーズがあります。

これは既存のサッシと新しく手前に新設したサッシの間に空気層を作ることで熱の伝わり方を抑えることができます。

もう一つ二重サッシにはメリットがあります。

外からの騒音を低減するとともに、室内から外へ漏れる音量を低く抑えられます。

つまり防音が出来ます。

出来ればガラスを複層ガラスにすれば断熱効果や防音効果が高まります。

是非一度ご覧下さい。

※注意) 断熱効果が高まりますが、空気の移動が少なくなります。換気は行うようにしましょう。