エアコンの電線が短い⁉︎(連絡線、渡り線)6

「連絡線が短いからできません」と言われて工事を断られた、と言ういつものセリフ。

家電量販店でエアコンの交換を依頼したのに下見に来た人が言うセリフです。

今回「解決工房」にご依頼頂いたお客様からの情報です。

お客様は2台購入され、1台ベランダ側の方は設置してくれたようですが、隠蔽配管の方は断わられたそうです。

断られた理由は上記のセリフです。

確かに連絡線が室外機側が短かったのは確かです。

今日、設置工事をしてきました。 

今回はダイキンの製品。

今はテレワークが多くなり自宅で仕事をすることが多くなり、エアコンの需要が増えているようです。

いつも思うのですが、工事ができないこともあります、と家電量販店はアナウンスするべきだと思うのですが、そう思いませんか?

特に隠蔽配管の工事はしないことにすれば、お客さんも期待せずに済むと思います。

まあ、エアコン販売台数も半端じゃない数字でしょうから、出来ない工事も折込済みなのかもしれません。

この間やはり断られたお客さんは出来ないと言われた時、どうすれば良いですか?

と聞いたら「ご自分で調べて下さい」と冷たく言われたそうです。

批判しても仕方がないのでこれくらいにしますが「町のでんきやさん」でもエアコンと工事をセットで注文すれば取り付けてくれるところは多いはずです。

ご近所にある電気屋さんに聞いてみて下さい。

ちなみに、量販店の工事屋さんは全員ではないのですが、電気工事士の免許を持っていない人が取り付けをしていることが多いので200Vにしたり200Vから100Vにする工事は電気工事士しかできませんので、断られます。

エアコン工事に関するご質問はこちらです。