壁紙の貼り替えの疑問点

壁紙の貼り替えはまず既存の壁紙を剥がします。

その後パテで壁面を平滑化します。

何故パテを打つのか?

剥がす時に必ずしも綺麗に剥がせる訳ではなく剥がすカッターなどで凸凹になったりすることもあります。

また剥がした所が元々凸凹している事もあります。

さらに剥がす時に剥がす側の壁紙だけではなく壁材を一緒に剥がしてしまう事もあるのです。

全てが違う状況になるのでその場その場に合わせて処置をします。

そして一番厄介なのが薄紙の残り具合です。

薄紙とは壁紙本体の一番壁側の薄い紙の層の事を言います。

貼り替える時に壁紙を剥がしますがこの薄紙は壁に残るように設計されています。

綺麗に剥がれる時はこの薄紙が上手く壁に残ります。

剥がれが悪い時は薄紙は残ったり残らなかったりで、加えてボードがボロボロになってしまう時もあります。

そんな時、壁紙が壁に着かないことがあり壁紙と壁紙のジョイント部が浮いたり、隙間が出来たりするのです。

また、貼った直後は壁紙も紙なので糊によって水分を含んでいるので伸びています。

この時表面がふくれていたりするのですが、3〜4日すると紙が縮むのでピンと張ります。

貼った直後はどうしても表面がユルユルなことがありますのでご承知おきください。

なんだか言い訳のようになってしまいましたが、壁紙を貼替た後はこのような症状が起きます、と言うことを知っていただければ幸いです。

クロスの膨らみ

知り合いの不動産屋さんからこんな問い合わせがありました。

クロスを貼り替えた後「筋があるのです。こういう事はよくある事なんでしょうか?」

その不動産屋さんが依頼した業者さんが行った工事です。

実際に現場を見ていないので確実な事は言えません。

原因は3つあります。

1つは、単純に下地処理をキチンと行わなかった。

もう一つは残った裏紙がしっかり張り付いていなかった所があり、それがパテと馴染んでくれなかった為下地が浮き出た。

最後の1つとしては、これはキチンとした職人さんではまずあり得ない事ですがクロスを貼る時に中に空気が入り込んだ。

リフォームでは既存のクロスの裏紙が影響する事はあるので多少の膨らみは出ることもあります。

新築の新品の石膏ボードにクロスを貼る場合こう言うような「ふくれ」とか「筋」はまず出ません。

しかしリフォームを繰り返し(特に賃貸物件は数年に1度貼替ますので、貼替頻度はかなり多い)行うと元々のクロスの裏には剥がす時に残る非常に薄い裏紙が壁に残ります。

この裏紙がきちんと貼り付いていないことがあります。

裏紙が浮いているところは剥がすのですが、数百メートルの平米数を隈なく確認する事はほぼ不可能です。

パテで平滑化処理をしますが、限界はあります。

本当は剥がすべき裏紙が、貼る前の確認した時には問題なし、と判断したのにもかかわらず実際には裏紙の段差がクロス表面に現れる事はままある事です。

完璧な状態を求める場合は石膏ボードを張り替えた後にクロスを貼り替える工程が重要になります。