クロスの浮き

クロスの浮きができる事があります。

施工が悪い場合、何らかの原因で水が入りクロスの糊が剥がれる場合の2つのケースが考えられます。

施工が悪いのは論外ですが、もう一つの水分が原因で剥がれるケースは、結露である事が多いです。

浴室や洗面脱衣室など。

このクロスの浮きはそのまま何年も放置すると浮いたクロスの水分がなくなってカチカチになります。

カチカチになるとプラスティックのようになり糊を塗っても柔らかくならないのでもう一度貼り付ける事が出来ないのです。

そうなると元通りにはなりませんので貼替が必要になります。

早いうちに補修した方が良いと思います。

糊を塗って圧着します。

浮いていた事がわからなくなりました。

この画像は弊社で貼り替えたクロスではありませんが、賃貸で退去した後に発見されたので補修依頼がありました。

賃貸物件の原状回復は得意なので、必ずしも貼替ではなく出来る範囲内であれば補修を提案致します。

大家さんの立場にたった仕事をしています。

ご質問はこちらまでお願いします。