エアコンを外した跡

エアコンを新しくする時は壁紙も貼替をした方が良いのでは?

エアコンは一般的に家電量販店で購入する方が多いと思います。

このブログでは家電量販店で買ったが取り付けを拒否されたと言うお話をしました。

しかし隠蔽配管の場合が多く、ベランダに外機、そのすぐ内側に内機の時は全く問題なく取り付けてくれるはずです。値段も安いし。

ただ私たち内装の仕事をしているといつも気になるのがエアコンを外した跡。

古い壁紙がエアコンの形にくっきり残っています。

エアコンを外した跡
新しいエアコンに交換した後古い壁紙が見えてしまう

ここに新しいエアコンを取り付けると古い壁紙がエアコンの脇から見えてしまいます。

何故かと言うと、古いエアコンと新しいエアコンのサイズが違うからです。

最新のエアコンは昔のエアコンよりも少し小さくなっています。

またメーカーによってもサイズが違いますので、古い壁紙を隠すようにと言っても無理です。

それならエアコンを外した時に壁紙を貼替ておけば良いのではないでしょうか?

家電量販店でエアコンの取り替え工事をすると安いと思いますが壁紙の貼替までは考慮してくれませんし、提案もないと思います。

私たちは賃貸物件の工事だと日頃からエアコン交換も壁紙の貼替もしているので古い壁紙が残っている見苦しい状況はありません。

まれにエアコンの取り替えだけを依頼されることもありますが、その時はどうしても古い壁紙が残ってしまいます。

エアコンを外す⇨壁紙を貼り替える⇨エアコンを取り付けると言う作業工程があると新しいエアコンになっても古い壁紙が見える心配はありません。

例えばエアコン設置する面と隣り合わせの面だけでも貼り替えておくとスッキリします。

むしろアクセントクロスとして考えても良いかも知れませんね。

エアコンをもうそろそろ新しくしないとダメかなぁ、と思ったら壁紙とエアコンをセットで考えましょう。

壁紙を貼り替えた後にエアコンを設置したので古い壁紙は露出しません

古い壁紙が残るのは格好悪いなと思ったら是非当社までご相談下さい。エアコンだけを交換するよりは費用も掛かりますが、仕上がりが違います。

なお、他社でエアコン交換、クロスだけを弊社でと言う変則的な工事は受け付けておりません。

クロス部分貼替

今日はクロスの部分貼替です。

部分的に剥がれたクロスを貼り替えます。

一部剥がれていると印象が良くないですよね。

貼り替えます。

完了です。

同じ柄のクロスは既に廃番になっていたので似た柄を選んで貼り替えました。

不動産売買の時などは印象を良くするのに部分的にでも貼り替えた方が良いと考えています。

加えてリペアなども良いと思っています。

ただ単に印象を良くすると言うことに加えて誠意が伝わるのではないでしょうか?

ご自分で使っていたお部屋ですから、やはり次のオーナーにも気持ちよく住んで欲しいと思いますよね。