エアコンを外した跡

エアコンを新しくする時は壁紙も貼替をした方が良いのでは?

エアコンは一般的に家電量販店で購入する方が多いと思います。

このブログでは家電量販店で買ったが取り付けを拒否されたと言うお話をしました。

しかし隠蔽配管の場合が多く、ベランダに外機、そのすぐ内側に内機の時は全く問題なく取り付けてくれるはずです。値段も安いし。

ただ私たち内装の仕事をしているといつも気になるのがエアコンを外した跡。

古い壁紙がエアコンの形にくっきり残っています。

エアコンを外した跡
新しいエアコンに交換した後古い壁紙が見えてしまう

ここに新しいエアコンを取り付けると古い壁紙がエアコンの脇から見えてしまいます。

何故かと言うと、古いエアコンと新しいエアコンのサイズが違うからです。

最新のエアコンは昔のエアコンよりも少し小さくなっています。

またメーカーによってもサイズが違いますので、古い壁紙を隠すようにと言っても無理です。

それならエアコンを外した時に壁紙を貼替ておけば良いのではないでしょうか?

家電量販店でエアコンの取り替え工事をすると安いと思いますが壁紙の貼替までは考慮してくれませんし、提案もないと思います。

私たちは賃貸物件の工事だと日頃からエアコン交換も壁紙の貼替もしているので古い壁紙が残っている見苦しい状況はありません。

まれにエアコンの取り替えだけを依頼されることもありますが、その時はどうしても古い壁紙が残ってしまいます。

エアコンを外す⇨壁紙を貼り替える⇨エアコンを取り付けると言う作業工程があると新しいエアコンになっても古い壁紙が見える心配はありません。

例えばエアコン設置する面と隣り合わせの面だけでも貼り替えておくとスッキリします。

むしろアクセントクロスとして考えても良いかも知れませんね。

エアコンをもうそろそろ新しくしないとダメかなぁ、と思ったら壁紙とエアコンをセットで考えましょう。

壁紙を貼り替えた後にエアコンを設置したので古い壁紙は露出しません

古い壁紙が残るのは格好悪いなと思ったら是非当社までご相談下さい。エアコンだけを交換するよりは費用も掛かりますが、仕上がりが違います。

なお、他社でエアコン交換、クロスだけを弊社でと言う変則的な工事は受け付けておりません。

壁紙は何を選ぶ?

壁紙(クロス)をどう選ぶか、かなり難しい問題です。

以前は白い壁紙で貼り替えれば「明るくなる」と言われていました。

事実、賃貸物件では内見時に印象を良くする為に「白」が好まれます。

しかし人間工学的に言うと「白」は人を落ち着かせる色ではないとのこと。

ではどんな色を選べば良いでしょうか?

私達がお勧めするのは少しベージュとか少しグレーのクロス。

(サンゲツのクロス『Fine』のデザイン案はこちら

また一面だけ柄(や色)を変える「アクセントクロス」もお勧めです。

ただこのアクセントクロスをあまり多用するとアクセントではなくなるのでご注意下さい(かなりしつこくなります)。

他業者さんの事例ですが色を多用し過ぎて全く落ち着きのない空間が出来上がっていました。

一見するとにぎやかなのですが、いざ生活を始めると「うるさい」と感じ、帰宅した後心が休まらなくなると思います。

花柄が好き、とかピンクが好き、イタリア系のインテリアが好きなど好みは様々ですが、凝り過ぎると不自然になってしまいます。

床の色が既に決まっている場合、床に合わせ同系統の色を濃淡で組み合わせるのが良いと思います。

なお無地ではなく「柄」を選ぶと柄合わせの為必要なクロスのメーター数が必要なので割高になることを覚えておきましょう。

どう言うことかと言うと、まずクロスを貼ります。その隣にも同じ柄のクロスを貼ります。この時柄を合わせなければnなりません。

柄合わせのポイントが60cm毎にあるクロスを選ぶと、無地のクロスより3割〜4割費用が高くなります。

ピンクが好きな方は天井も壁もピンクにしたいと思うようですが、ピンクだけで統一するのではなく天井は白とか逆に淡いグレー(出来ればブルーグレー)などを合わせるとピンクが活きると思います。

床や扉の色やお好みの色や素材感などがさりげなく反映されると、それはあなたにとって一番のお部屋になると思います。

リフォームの時はクロス選びも時間をかけて選びましょう。

殆どの方が壁紙を貼り終わった後を見ると「新築みたい」とおっしゃいます。

たかだかクロスなのですが、それだけ心に響くと言うことなのだと思います。

トイレのインテリア(アクセントクロス)

トイレは毎日使う所ですね。

壁紙を1面だけ替えることでアクセントになります。

古い便器のままですが、雰囲気が変わるので新しい感じになります。

周囲3面をタイル張りのデザインのクロスで1面がブルーです。

画像ではグリーンに近く見えるかも知れませんがブルーです。

床は最近、サンゲツが出しているわざと古い感じをデザインしたCFでフレンチアンティークタイル。(HM4116)

インテリアで雰囲気を変えることができます。

クロス部分貼替

マンションのお部屋。

クロスが破れた所が2箇所あって「面」単位での貼替となりました。

売却する場合、買う側からすれば悪い印象を持たれてしまう。つまり価値を低く見られてしまうとも言えます。

価値を保つ為には小工事ならやっておいた方が良いかもしれませんね。

今回はクロスの部分貼替です。

クロスの柄は数年で変わってしまいます。

10年以上同じ柄を継続して生産するものもありますが、殆どが型番変更で廃番になってしまいます。

そうなると壁全部を貼り替えるか、部分的に似たような柄で貼り替えるか、になります。

それならば一部だけでもキレイにして印象度をアップしたい

そして貼り替えた結果がこちら。

玄関ドアの上(梁部分)と右側(柱部分)です。

入隅で区切られた所を貼り直しました。

こちらも窓周りの入隅で区切られた所を貼り直しましていますが、パッと見た感じでは違和感はありません。

使い方が悪く見られると資産価値が下がって見られますので、修理、リペア、部分貼替などはした方が良いと思います。

ただし、内装会社やリフォーム会社によっては、飛び込みのお客様は「部分的な修理」は嫌がられることがありますのでご注意下さい。