コロナ禍における空室管理

一都三県に自粛宣言が出されるようです。

賃貸物件の空室率も高くなると思います。

そこで大家さんや管理者の方に知っておいて頂きたい事があります。

空室は最低ひと月に1回は水の補給をしましょう。

水の補給とは何か?

それはキッチン、お風呂、洗面化粧台、洗濯機防水パン、そしてトイレです。

水が蒸発してしまうからです。

水が蒸発すると悪臭が部屋に充満するばかりではありません。

今のコロナ禍の時代は下水道からコロナの菌が悪臭とともに上がってくる可能性が高いからです。

コロナの菌は、菌保持者の排泄物から下水に流れていきます。

それがトイレの蒸発した便器から部屋に入り込んで来るのです。

トイレは通常水が溜まっています。

しかし、この水が干上がってしまうと水で堰き止めていた臭い、虫、そして菌が上がってくるのです。

この水溜りのことを封水と言います。

つまり水で封じているのです。

この仕組みはこちらで説明していますのでご覧下さい。

コロナ対策の一環として是非水を切らさないようにして下さい。

ビニールのロールスクリーン

東京のコロナ感染者が100名を超えて増大しているので心配です。

最近は見慣れましたが、コンビニやスーパーでビニールが吊るされたときは少々びっくりしました。

しかし、飛沫感染を考えると良い方法だと思いました。

そんな中、ブラインドやロールスクリーンなどの専業メーカー「タチカワブラインド」からビニールのロールスクリーンが出ました。

https://www.blind.co.jp/products/2020new/202006_20rs.pdf/

コロナ感染予防にも役立つ商品です。

不要な場合は収納できますので、第2波や今後のインフルエンザなどの飛沫防止に役立つと思います。

本当は人と人の間を隔てるのは無い方が良いと思いますが、現在はそんなことも言っていられませんので、紹介しました。

空気清浄機はコロナウィルスの検証なし

結論

どのメーカーもコロナウィルスの検証はしていないようです。

空気清浄機もコロナ予防対策になるのではないか?

なるほど、調べてみるとウィルスを不活性化する空気清浄機があります。

パナソニックの「ジアイーノ」、シャープは「プラズマクラスター」など。

ちなみにヨドバシドットコムではほぼ売り切れ。

これらの空気清浄機はコロナウィルスに効果はあるのでしょうか?

薬機法があり表示できないようで、2014年に旧薬事法から改定されてかなり厳しくなっている為と思われます。

10年以上前までは「癌に効く」とか平気で謳っていたテレビショッピングなどもありましたからねぇ。

空気清浄機はそれなりの働きがありますから、コロナ対策にならなくても一日中部屋の中にいることも増えたので、空気を清浄してくれるのはありがたいことです。

ちなみに私は楽器の練習で貸しスタジオを使いますが、前の人の使い方と呼吸などが気になりますが、今や必ず空気清浄機がありますので、少し安心しています。

前の人が呼吸した部屋をそのまま使うのはやはりコロナウィルス以外の菌でも嫌ですからね。

今は必ず使用後換気をしてくれますので、空気の入れ替え+空気清浄機+除菌清掃があるので安心して使っています。

ご質問はこちらまで