コンセントの移動

コンセントの移動と配線方法

コンセントを離れた位置に移動するには2つの方法があります。

1つは電源ケーブルを露出して配線する方法。

もう1つは壁の中で配線する方法。

内装工事が終わるとこのようになります。

もちろん壁の中で配線する方が後々見栄えは良いですね。

ただ、壁がコンクリートの場合は壁の中に配線できるのは新築工事の時だけで、もう少し深く言えば設計段階で配線は決まっています。

コンクリートの中の配線はCD管を使ってコンクリートを打設する前に配管するのでコンクリートが固まったら後では何もできません。

そのような場合は露出配線しかできない事の方が多いです。

木造住宅では木組みに石膏ボードを張って壁を作るので中は空間になっていますので隠蔽配線が可能です。

まず大工さんが壁を剥がす。電気屋さんが配線をし直す。その後大工さんが壁を復旧し、クロス屋さんが壁紙を貼る。と言う工程が必要です。

コンセント増設の工事の実例

床を開口し左にあるコンセントから分岐します。

床の下にケーブルを通して右の押入れの中までケーブルを通します。

使いやすい位置にコンセントを設置し電線を接続します(その画像はありません)。

コンセント移動の工事の実例

下の画像は既に開口していますが、元々のコンセント(線が見えていると思いますが)の位置から左に15センチ移動させます。

この場所に家具を置く為で、家具がコンセントをふさいでしまう為に移動を依頼されました。

他にも電子レンジ用ラックとか冷蔵庫を置く為コンセントの位置を移動しました。

内装工事をする前の段階なので壁にいくら穴を開けても塞げばよいので全く問題ありません。

ただし、工事としては手間が掛かり、たかだか10センチ横に移動するのにも間柱が邪魔をするのです。(間柱にドリルで穴を開けケーブルを通します)

(画像は中途半端で見づらいかもしれません。ご了承下さい)

壁の中で配線位置を変えることが出来たので内装が終わるとどこからどこに移動したのかは分からなくなります。

結論:隠蔽配線を内装工事の前に行いましょう

例えばエアコン用のコンセントが必要な場合は分電盤から単独で配線する必要がある為、壁や天井をかなりの数開口をしなければなりませんので電気工事、大工工事、内装工事が開口箇所に応じて必要になります。

電気配線工事は内装工事を伴うリフォームの時に同時に行う方が工期も短くなりますし内装がキレイに仕上がります。

質問やご相談はお気軽にご連絡下さい。

ご質問はこちら