窓の黒い汚れはカビだった

窓(サッシ)のコーキングにはカビが付きやすいです。

特にお風呂は湿気が多いのでカビが多く発生しますが、サッシのゴムにはカビが入り込んでしまいます。

ユニットバスを交換するとユニットバスは新品になりますが、マンションの場合サッシはそのままになります。

サッシに付着しているカビはそのままです。

新しくなったユニットバスにはカビはすごく見苦しいのでコーキングを打ちなおしました。

上の画像は窓枠は新しくなっており、窓枠とサッシのコーキングがユニットバス組み立て業者がコーキングをしています。

サッシのコーキング(しかもカビが染み込んだ)が目立つ結果になったので、サッシのコーキングを打ちなおしました。

以前コーキング用のカビ取り剤(ジェル状)を販売していたのですが、東日本大震災の時に依頼していた所が被害に遭いその後生産ができなくなりました。

また同時期に少し柔らかすぎるジェル状のカビキラーが登場しましたので、価格の差もあり断念しました。

生産していた物はジェルが蒸発せず、且つ垂れないことで狙ったポイントのカビを落としていたのですが本当にもったいないです。

今はコーキングを新しくすることで対応しています。