天井照明はおしゃれなスポットライトに

おしゃれなスポットライト

一般的な丸い形のシーリングライトは部屋の中を均一に明るくしてくれます。

一方スポットライトの場合は照射している箇所が明るくなるので均一的な明るさにはなりませんが、かなり「おしゃれ」になります。

スタジオのような感じになると思います。

今までにない感覚の照明

ダクトレールにスポットライトを数個取り付けます。

それぞれが違う場所を照射するので、雰囲気が出ます。

例えば1つのスポットライトを「絵画」に当てるとそこだけ浮き出て見え、来客の時、視線をそこに向けさせる効果があります。

ダクトレール・スポットライト
ダクトレール・スポットライト

壁を照らしたり、床を照らしたりすると光が分散しますので、非日常を楽しむことができます。

ダクトレールのメリット

スポットライトを固定しているレールを「ダクトレール」と言います。

このダクトレールも内側は通電しているのでそこにスポットライトを差し込むとON状態になります。

この形式を利用するとコンセントの役目もします(照明用なのであまり高い消費電力の器具は使わないほうが良いです)。

単に真ん中に白い丸いライトがあるよりも個性的になります。

結論:おしゃれにするならダクトレール+スポットライト

おしゃれにする、非日常的な演出をするなどをイメージするならスポットライトはおすすめです。

色も「電球色」や「白色」もあります。

また、現在販売されているものはほとんどがLEDですので、複数台取り付けても消費電力はそれほど高くはありません。

スポットライト

スポットライトとかバーレールとかダクトレールと言われる照明器具です。

スポットライトなどをレールに取り付けると角度をつけて例えば絵画にスポットを当てる。

シーリングライトは味気ないと言う方にはうってつけだと思います。(特に欧米の方はシーリングライトを嫌う傾向があります)

スポットライトについてですが、明るさの種類もいろいろとありますが、照射する角度も広角や狭角などいろいろとあります。またスポットライトはほとんどがLEDになっていますので、出力は低く10W以下が多く経済的でもあります。

シーリングライトにはない角度であり、趣味の様々な陳列物に照射することも出来ます。

例えばフィギュアとかギターなどのコレクションなどに光を当てる。

シーリングライトは部屋全体が満遍なく明るくするので、万人に受け入れられる照明器具ですが、ダクトレールはスポットライトを取り付けられるので壁や天井に照射することで、明るい部分と暗い部分が出来るので遊び心があります。

また、ダクトレールにはペンダント型ライトも取り付けができます。

食卓の上だけをペンダント型にして他はスポットライトにするなども可能です。

レールの長さも選べますので、逆にスポットライトを多くすることでシーリングライトよりも明るくすることも可能です。

その他ダクトレールが使えるのはコンセントを取り付ければ天井から電源を取れるなど様々な用途があります。

おしゃれで遊び心があるので、今まで無関心だった照明をもっとアクティブに選ぶのは新たなインテリアになると思います。

機能的には本を読む場所を作って本に2方向からライトを当てるなども出来ます。

テーブルの上を3方向から照らせば陰のない明るさを演出してくれます。

電球色や白色のスポットライトを付け替えれば暖色、寒色を選べます。

蛇足ですが、睡眠モードにするために寝る前はわざとフロアライトを点灯して、頭より上からの光を消すことで心が落ちつき睡眠に移行しやすくなることも知られています。

それは太古の昔、人類は昼間は太陽光を空から受け、夜は太陽が沈んでいるので火を焚いていたことから目線よりもしたから照らされるのは「火」を連想することから心が落ち着くと言うことです。

照明は単に機能面だけではなく心理面から選ぶことも重要な照明選びのポイントです。