収納スペースを機能的に作る

元押入れを洋室の収納にしました。

押入れは奥行きが約90cmあります。

ただし、最近のマンションの押入れは奥行きが小さい。

元々布団をしまう事を想定していましたが最近はベッドが主流の為布団をしまう事がないことも奥行きが小さくなった原因だと思います。

では巾270cmある押入れを有効に使うにはどうすれば良いかを一つの案として実現しました。

押入れは中棚と枕棚の2段構えのみ。

先程布団が必要なくなったと言いました。

その分を洋服や小物雑貨類をしまえるスペースを作りました。

ただ、来客用の布団も必要でしょう。

1/3を長物のコートも掛けられるスペースに使いました。

2/3は布団も置けますし、割と大きな荷物も置けます。

折戸にしたことで開口は広くなりましたので巾の広い物でも出し入れがしやすくなっています。

中の物が見えないので来客時には片付ける余地を残しておくのも良いかも知れません。

可変棚(ガチャ棚)

いわゆるガチャ棚を何もない収納に設置しました。

奥行きの小さい収納(奥行きは26センチ)でそのままだと収納するにしても片付かない。

棚を設置すれば本や小物が収納出来るようになり収納する量も飛躍的に増えます。

実はこれは大家さんからのアイデアで棚を設置して欲しいとのご要望にお答えしたものです。

大事なフィギュアとか人形、旅の思い出などを置くことも出来ます。

棚は可動式なので、ダボ(棚の受け材のこと)を上下に差し替えれば棚も動きますので、お好きな高さに変更できるのがガチャ棚の良いところです。

このガチャ棚の両サイドのレールは壁の下地にしっかりと固定していますので本を並べても大丈夫なように設置しています。

読書が好きな方にはうってつけの物ではないかと思います。