夏、太陽光で暑い部屋を涼しくしたい!

夏の太陽光はかなりの熱エネルギーを放射します。

家の中に太陽光が入るのは、気持ちの良い反面、暑さをもたらす熱中症の危険性もはらんでいます。

これを簡単に、そして安価に解決する方法があります。

それは外断熱と言う考え方。

太陽の熱を窓に入る前に止めたいのです。

さて、一番簡単で安価な方法です。

それは「ぷちぷち」です。エアーパッキンなどとも言います。

正式名称は「気泡緩衝材」と言うのですね〜(知らなかった…)

これを窓の外側のガラスに貼ります。

両面テープで貼ればOKです。

これでかなり断熱効果が高まります。

昨年、お得意様から部屋が暑いので何とか出来ないか、と相談があったので晩夏に取り付けました。

これが私が思っていた以上に好評で「是非他のお客さんにも教えてあげて!」と言われました。

今年も引き続きかなり快適に過ごしているご様子ですのでこちらで紹介をしました。

ただし、デメリットもあり、中から外が見えなくなる。

逆を言えば外から中が見えないのでプライバシーは守れるかな、と思います。

暑くて熱中症が気になる方は是非お試し下さい。

何かご質問あればこちらまで

夏の窓を断熱したい

窓からの日差しはこれから夏本番になるとかなり熱いですね。

太陽からの熱を防ぐ方法で一番良いのは「簾(すだれ)」や「よしず」が良いとされています。

窓の外で熱線を遮るのが室内の温度上昇を抑えます。

外断熱と言う考え方です。

窓の内側で熱を遮ると室内の温度が上昇しますので効果はあまりないと思います。

ただ、簾やよしずは風の強い時(台風など)は片付ける必要がありますのでちょっと面倒くさいです。

そこでお手軽外断熱。

プチプチを窓ガラスの外に貼る。

実は去年装着したのですが「夏の室内温度が下がった」とお客様の言葉です。

ホームセンターで買ってDIYすればかなりリーズナブルにできますよ。

ただし、格好は良くないです。

ご質問はお気軽にどうぞ