お風呂のリフォーム(扉枠と壁)

ユニットバスのリフォームはユニットバスだけを交換すれば良いと思っている人が多いようです。

しかし実際は各専門職がそれぞれの項目をこなします。

その作業の大まかな工程は次の通りです。

  1. 解体
  2. 配管を新しいユニットバスに合うように再配管
  3. ユニットバスの組み立て
  4. ユニットバスと給水給湯管をつなぐ
  5. 換気扇用のダクト配管、電気接続、給湯器用のリモコン接続
  6. 扉枠をはめ込み壁を作る、巾木取り付けなどの修復工事
  7. 壁紙と床材など内装工事

と言う流れです。

7.の扉枠と壁の修復工事。枠も壁もそのままにして中身だけを換えれば良いと思うかも知れませんが扉位置は新しくするユニットバスによって微妙に位置が違うのです。

そう言う理由から必ず必要な工事です。

ユニットバスの入り口付近を撮影したものですが、扉の左横は奥が見えます。

壁がありません。

また扉枠もありません。

扉の左側、角材の下地を差し込んでいるので、奥が見えなくなっています。

撮影が悪いのですが扉に白い枠が取り付けられました。

これで浴室の扉枠の設置と壁の修復が終わりました。

扉の修復と言う作業項目が理解されていないようですが、このようにユニットバス組立て後に大工さんの修復工事が必要になります。

扉枠と壁の修復工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

天井の解体、マスクの効果は?

天井が剥がれてしまいました。劣化です。

クロスの下地は5ミリのベニヤ板で、ベニヤの表面の層がクロスと共に剥がれたようです。

合板は薄い木のスライスを直行するように接着剤で張り合わせて反りが出ないようにした建材です。

一部接着力がなくなって剥がれたようです。

ベニヤを貼り直しても劣化すると同じような状況になってしまう可能性もあるので今度は石膏ボードにします。

今日は天井の解体を行いました。

50年近く経っている建物。

天井を剥がすと埃が凄いです。

これだけ見ると何ともないようですが…

マスクを取ると顔が真っ黒…

マスクをしていても汚れを吸っている空気の流れがよく分かります。

明日は石膏ボードを留める野縁を組み石膏ボードを張ります。