鉄管の錆

水漏れの原因

鉄管の水道管。

真っ直ぐなところよりも継手から老朽化が始まり漏れが起きるのです。

今回のこの鉄管は給湯器に送っている給水管ですがかなり劣化が進んでいました。

築年数30年以上(昭和に竣工した建物)はこのような鉄管が壁内、床下にありますので要注意です。

建物の中にあると漏水の原因になります。

過去やった工事で分かりやすい記事では排水管から水漏れが発生しましたが、排水は圧が掛かっていませんが給水管にはかなりの圧があるので漏れ始めると止まりません。

マンションの管理組合では『リフォームの時には配管も交換』を推奨しているところはかなりあります。

この管の状態を見ると納得していただけると思います。

配管リフォームの提案

配管のみのリフォームをするケースとリフォームの時に配管のリフォームも同時に行うケースで考えてみます。

配管のみのリフォームの場合は床下の配管を入れ替えるので床を剥がします。

その他、洗面化粧台は一旦外します。

キッチンまでの配管経路も交換したいのでキッチンも一旦外します(ガス工事も伴います)。

ユニットバスは床下まで手が入らないので途中までになります。

洗濯機用蛇口は壁の一部を解体しなければなりません。

水道工事だけではなく、大工工事、壁紙の工事などが必要になります。

水回りのリフォームの時に配管交換をする時は殆ど外されているので、プラスするのは床の工事位です。

リフォームの時は配管交換工事のみが加算されるだけです。

配管のみの場合はフローリング工事、壁の復旧、内装の工事が加算されます。

加えてユニットバスの付近は配管は入れ替えが出来ない。

などのデメリットを考えるとリフォームの時に配管の入れ替えを行う方がかなり安く出来ます。

玄関の床に水漏れが…

玄関から上がった廊下の床を剥がしたらその下に水漏れの跡が…

給水管とガス管がエルの字形で通っています。

給水からの漏水かと思い、水道業者さんに確認してもらいました。

ところが、給水管からの漏水ではない、とのこと。

では濡れた跡は何か?

外廊下(階段)から雨が入って来たのではないかと言う見解。

床を開けたのは3/31でその時に濡れているのが分かったので直ぐ水道屋さんに連絡。

その日の午後に来てくれて給水管ではないことが判明。

前日の3/30は東京は雪だったのでこの30日は廊下に水溜りが出来ていました。

4/1は雨の予報なのでもう一度「濡れ」があるかを確認することにしました。

確認したところ「濡れ」があり、且つ外には水溜りが。

恐らくこれが原因と思われます。

明日以降乾かしてからシールをした後水を外から流してみて濡れないからどうかを確認します。

漏水は調査に時間が掛かります。

確認するのにはあと数日必要です。