室内扉のレバー不具合

マンション室内の開き扉のレバー(取っ手)が動かなくなり、1回閉めてしまうと開けられなくなる。

ラッチの劣化が考えられます。

出たり引っ込んだりする箇所がラッチ(ラッチボルト)です。

レバーを下げるとラッチが引っ込み、話すとラッチが出る仕掛けです。

しかし、劣化すると出たままになることがあります。

その映像はコチラ

すると扉を開けたくても開けられない、つまり閉じ込められる事になるのです。

生活に支障をきたすので早めに交換しなければなりません。

これがラッチ本体です。

これを交換すればスムーズに開け閉めできるようになります。

もしご自分で取り替える時はレバーのところを分解してラッチを外して金物屋、鍵屋、比較的大きなホームセンターに持って行って同じ物があるかを確認し購入する事をお勧めします。

フロントのサイズやねじピッチ、バックセットなど間違えないようにご注意下さい。