扉のキズ

扉の木口の剥がれ。

全ての建具に当てはまるわけではありませんが、木口を貼り替えることが出来ます。

メーカー品(大建工業、Panasonic、ノダなど)は貼り替えることはできません。

木口の面材を剥がしているところ。

した時を傷つけないように丁寧にはがします。

その後新しい面材を貼ると完成です。

建具は特注する事も出来ますが、全く同じ面材やデザインを作るのはなかなか簡単ではありません。

建具は

修復扉の新規作成扉と枠の既製品へ交換

があり修復より新規作成より既製品への交換が高くなります。

内装をリフォームすると建具が古臭く見えるので出来ればデザインを考えて建具を交換した方が良いと思います。

床や扉のキズ

フローリングはかなり丁寧に扱っていてもキズはついてしまうものです。

沓摺もキズがつく箇所です。

分かりづらいかも知れませんが白い床とフローリングの間の細い部材が沓摺です。

一番キズがつくのは掃除機を転がす時にぶつかって凹む事が多いです。

いつの間にかキズがついている!と言う印象です。

建具(扉)も同じです。

建具は何か硬い物をぶつけたり、意外に車の鍵が引っかかって出来る事もあります。

こちらも「いつの間に?」とか「誰がやった?」と思いますが、実際には気付かずに自身でキズつけている事もあります。

これを交換するとかなり費用がかさみます。

特注品の建具だと同じ物を製作するのに改めて材料を揃えたりしなければならなくなりかなり高いものになります。

丸ごと交換以外だと、リペアと言うものがあります。

凹みを色の付いたロウのような物で埋めて100%ではありませんが、ほぼ分からなくなります。

もう一つの方法はシート貼り。

3Mのダイノックシートがそれに当たります。

室内の建具は木製なので、似せて作ることができます。

マンションの玄関扉はマンション毎に玄関扉を戸数分を発注しますのである程度のコストで抑えられます。

1戸だけ同じ玄関扉を作って下さい、と言われても不可能です。同じ素材がなくなってしまうので同じ物が作れないのです。

閉まらなくなったキッチンの扉

キッチンの開き扉。

スライド蝶番の劣化でキチンと閉まらなくなってしまいました。

このスライド蝶番は、扉をある程度まで閉めると最後はバネの力でパタンと閉まってくれるのですが、蝶番の劣化でご覧の通りです。

タカラスタンダード製のキッチンです。

実は以前同型のキッチンを解体した時部品を保存しておいたのです。

保存しておいたスライド蝶番に交換しました。

何故保存したかと言うといつもお世話になっている大家さんの物件のキッチンと同型だったからです。

いつの日か役に立つ日が来るだろと思っていましたがついにその日が来ました。

このような細かいことは他社(特に大手さん)ではあまりやらないでしょう。

私たちのような零細企業は信頼頂いているからこそそれに応えたいと思うのです。

本来ならこの蝶番の劣化だけでキッチン全体をリフォーム(数十万円)しなければならないかも知れません。

しかしやり方によっては数千円で収めることが出来ます。

リフォーム会社としては利益の上がらない事をやるのは弊社の心意気と思って頂ければ幸いです。

施主様と我々施工者との信頼関係が深まるように努力しています。

皆様もお付き合いのある工務店さんやリフォーム会社が細かに動いてくれる会社とお付き合いする方が長い目で見ると価値があると思いますよ。

木枠塗装と扉

扉の交換をする為木枠を塗装します。

枠から交換すれば枠も扉も同じ木目が選べますが、少しでもコストを抑える為建具のみの交換。扉枠は塗装で仕上げることにしました。

以前の木枠は外側と内側の色が違っていましたので、統一することにします。

元の塗料が良くないので、研ぎを丁寧に行います。

そして塗装をします。

塗装後。

こちらも塗装後。(以前のブログでも枠の塗装について述べています)

そして扉を交換。

実は、当初建具の柄は枠に合うようにと言いますか扉に合うように塗装をしたのですが、お客様が建具の見本帳を見て建具屋に急遽この扉がよいと依頼したようです。

以前の扉がこんな感じだったので少し暗いイメージになったかな、と思いますが、その反面重厚感が出たかな、とも思います。

(※木枠塗装バックナンバー