鉄管の錆

水漏れの原因

鉄管の水道管。

真っ直ぐなところよりも継手から老朽化が始まり漏れが起きるのです。

今回のこの鉄管は給湯器に送っている給水管ですがかなり劣化が進んでいました。

築年数30年以上(昭和に竣工した建物)はこのような鉄管が壁内、床下にありますので要注意です。

建物の中にあると漏水の原因になります。

過去やった工事で分かりやすい記事では排水管から水漏れが発生しましたが、排水は圧が掛かっていませんが給水管にはかなりの圧があるので漏れ始めると止まりません。

マンションの管理組合では『リフォームの時には配管も交換』を推奨しているところはかなりあります。

この管の状態を見ると納得していただけると思います。

配管リフォームの提案

配管のみのリフォームをするケースとリフォームの時に配管のリフォームも同時に行うケースで考えてみます。

配管のみのリフォームの場合は床下の配管を入れ替えるので床を剥がします。

その他、洗面化粧台は一旦外します。

キッチンまでの配管経路も交換したいのでキッチンも一旦外します(ガス工事も伴います)。

ユニットバスは床下まで手が入らないので途中までになります。

洗濯機用蛇口は壁の一部を解体しなければなりません。

水道工事だけではなく、大工工事、壁紙の工事などが必要になります。

水回りのリフォームの時に配管交換をする時は殆ど外されているので、プラスするのは床の工事位です。

リフォームの時は配管交換工事のみが加算されるだけです。

配管のみの場合はフローリング工事、壁の復旧、内装の工事が加算されます。

加えてユニットバスの付近は配管は入れ替えが出来ない。

などのデメリットを考えるとリフォームの時に配管の入れ替えを行う方がかなり安く出来ます。

排水管(鉄管)からの水漏れ

築年数43年にもなると劣化も進みます。

給水管ではなく排水管からの水漏れがありました。

上水ではない為臭いもあり、コバエが繁殖していました。

この頃の配管は鉄管で塩ビ管ではない為サビが生じます。

錆びたところが徐々に鉄をむしばみ、やがて薄くなり劣化して最後には穴が開きます。

配管スペースの中でこのような劣化が起きると直ぐには気がつかなくしばらくして、コバエ等の虫が出てきたり、臭いがしたり、カビが発生したりして気がつくケースも少なくありません。

今回はすんでいた階下から水漏れがあると言われかなり悩んでいたようですが、私達は原因を突き止めるためにはあちこち解体しながら原因を探りました。

水漏れ箇所は排水管のエルボ付近の3箇所。

しかも一滴二滴と言う量ではなくかなりの量がだだ漏れ状態でした。

その劣化した配管がこちら。

管の劣化により大きな穴が開いています。

今は配管を交換する以外にも配管内部に幕を作って延命する工法も多くあり、管の交換よりも安価で出来ます。

漏水する前に何らかの対策を打った方が良いと思います。

出来れば新しい塩ビ管に交換するのが一番だと思います。

鉄管は非常にリスクが高いので、このブログを見た方は参考にしてください。