断捨離

断捨離。

何度か書いてきましたが、やはり長年の積み重ねはなかなか手強いもので、1台のトラックでは積みきれません。

また明日お越し願うことに。

ただ、家具の解体が功を奏したと思われ10竿以上あった家具もただの板切れになったのでかなり凝縮されたとおもっております。

 

トラックに積み込むだけで2時間以上かかりました。

あいにくの台風模様の中、雨も降りましたが運良く土砂降りにはならず積み込み終了後トラックは帰っていきました。

明日、残りを積み込み断捨離を終了します。

断捨離後、プチリフォームをし、その後入居のご予定です。

断捨離は必要です

長年ご贔屓にして頂いているお客様より、引越しをするから引越し先を見て欲しいと。

お母様が最近老人ホームに移られたそうで、家具などを処分したいとのこと。

家具やお荷物が占拠しているので、引っ越すにも引っ越せないとのこと。

処分するのはできますが、家具は中にものが入っていない場合は空気が入っています。

廃棄処分は立米計算になるので、空気を運んでも仕方がないので、家具を解体し少しでも嵩を減らさなくてはならないのです。

明日、コンパクトにする為に伺います。

長年蓄積した家具や様々な物はなかなか捨てられないですよね。

でも、断捨離がキーワードです。

私も介護をした側の者です。

親が溜め込んだ(私にとっての)不要物を処理するのはかなり大変です。

アルバムは親の若い頃が分かる貴重な資料ですが、割り箸が束になっていたいり食器も使わない物が多いし、父親は日曜大工に必要な(中には不必要な物も多々)道具があったり…

それはさておき、整理整頓はかなりの労力が必要です。

できれば、年に1回は整理をしたいものですね(それが出来れば苦労はしないのですが…)。