火災保険に入りましょう

昨日雨漏りのブログを書きました。

火災保険と言うと火事の時だけと思っている人もいるかもしれませんが、水害についても保険がおります。

以下は火災保険には必ず網羅している項目です。

  • 大雨
  • 台風
  • (水害による)風災
  • ひょう災
  • 雪災

ただし、自然災害が全て含まれるわけではありません。

必ず契約内容を確認しましょう。

加入している保険の営業マンに聞いてみてください。

親身になって教えてくれない場合は内容に不備があることもありますので、保険を見直す事も視野に入れて下さい。

何故そんなことを言うのでしょうか。

私達は実際に被害に遭ったお宅の修理をしています。

上の画像は床上浸水した5日後の壁の状況です(カビや雑菌が繁殖しています)

そんな状況を見ると保険に入っていたのでキチンと修繕ができたケースと、火災保険に入っていなかったので自費で支払わなければならなかったケースを経験しているからです。

例えば台風でアンテナが壊れた場合保険が適用できるのです。

上記の他

  • 水濡れ
  • 盗難
  • 水災

などは別途保険を掛ける必要があります。

2019年の台風19号での川の氾濫は「水災」なので一般的な火災保険ではまかなえません。(前述の「大雨」と「水災」は考え方が違うものなので注意が必要で、「水濡れ」もまた違う項目です)

このように自然災害が全て補償されるわけではないので良く確認をしておくべきです。

週末、関東は台風は大きな影響もなく過ぎ去りましたが去年の台風での被害を考えると他人事ではありません。

修繕をする立場からお話ししました。

保険については保険屋さんからの方が詳しいですがご質問があればこちらまでお願いします。