便器から水漏れ?

トイレに入ると床が濡れている。

トイレ内の水漏れの主な原因

  • タンクにつながっている給水管から漏る
  • 便器とロータンクの継ぎ目から漏る
  • 便器と排水管の継ぎ目から漏る
  • タンクに亀裂が入っていて漏る
  • 洗浄便座の本体から漏る
  • 洗浄便座の給水管から漏る

などが考えられます。

今回は温水洗浄便座本体からの水漏れでした。

洗浄便座を交換すれば良いだけですがお客様のご要望で便器本体も交換します。

INAX社製の便器ですがINAXではなく、「INA」と記されているので、かなり古い便器です。

排水管の位置を考えるとリフォーム専用の便器(TOTOの場合はリモデル便器と言います)が使用できません。

どうするかと言うと。。。

床を開口し、排水管を切り回して位置をずらします。

したがって、床の面材(今回はクッションフロア)も貼り替えます。

戸建ての1階のトイレの水漏れでしたから、下の階はありませんので被害もなく無事でした。(階下への実際の水漏れ

水漏れの時は必ずし水栓で水を止めましょう

トイレのタンクの右か左に給水管があると思います。

そこに止水栓がありますので、トイレで水漏れが発生したら使用後に水を止めるようにして下さい。

水漏れの原因は前述した箇条書きのどれかだと思います。

原因がわかればその下に洗面器などをあてがって水で床を濡らさなようにしましょう。

トイレの床は板張りの場合が多いので床を腐らせないように注意して下さい。

原因が分かれば修理なりリフォームなりが進められます。

使用年数が30年以上の場合は、可能であれば便器も取り替えた方が心配が少なくなりますのでお勧めです。

もうそろそろ便器を新しくするべきか悩んでいる方、質問はこちらへどうぞ

洗浄便座の水漏れ

大家さんから水漏れが起きたので見て欲しいと連絡がありました。

在宅されていたので伺ってみるとキッチンのレンジフードの辺りから水漏れがありました。

上の階の部屋が原因です。

直ぐに見に行くとそちらもいらっしゃったので原因を確認します。

キッチンの水漏れなので上の階のキッチンをくまなくチェックしましたが漏れている様子がない。

お風呂、洗面、洗濯機も漏れている様子がない。

最後にトイレに入ると靴下がビショビショに。

よくある原因としては、溜まった水を便器に一気に流す時にジョイント部のパッキンが劣化していると流すたびに漏れます。

しかし、今回の原因は別。

洗浄便座の給水管(ゴムホース)から細い糸のような水がピューっと出ているのです。

早速止水栓で水を止め、雑巾で水を拭き取ります。

見る限りでは水漏れが始まって長くても十数時間だろうと考えられます。

水漏れの被害側での水量が少ないことと、加害者側がそのトイレに入れば濡れていることが分かるので気がつくはず。

不幸中の幸いなのは汚水ではなかったこと。

給水管からの水漏れなので上水なので雑菌ない。

床を伝って流れる間に汚れは混じるとは思いますが菌をばら撒くわけではないので少し安心です。

残念ながら水が吹き出ている画像はありません。

弊社では加害者側と被害者側のそれぞれの立場に立って検証や工事を進めていきます。

加害者の落ち込みもあります。

かたや被害医者側の怒りモードもあるでしょう。

しかし、故意に水漏れを起こしたのならまだしも、老朽化で起こる水漏れは起こしたくなくても起きてしまう事故なのです。

上に行ったり下に行ったりを繰り返し、原因を探し、それぞれの感情も配慮しながら水漏れを止めます。

賃貸物件の大家さん、分譲マンションの所有者や使用者の方々、水漏れが発生した時は第一に原因を突き止めなければなりません。

加害者被害者のある水漏れは、双方の感情を抑えながら説明をし、臨時の対処をしなければなりませんし、最終的には内装を原状に戻さなくてはなりません。

修復の経験がある私たちのような業者に素早く連絡をしましょう。

大家さんで双方への説明が難しいとお考えの場合は「解決工房」にご連絡ください。