お風呂のリフォーム「解体」

お風呂をリフォーム。

最新のユニットバスは冬でも床が冷たく無いTOTOのホッからり床があります。

従来のユニットバスの床はプラスティックそのものなので冬は足が冷たく感じます。

しかし「ホッカラリ床」は床に保温材を仕込んでいるので真冬に入っても冷たさが殆どありません。

浴槽も保温材が層で囲んでいるので4時間経っても約2.5度しか下がらないのです(ただし風呂フタも専用の断熱風呂フタを使用した場合)。

さて、今日は解体工事。

既存のユニットバスがバラバラになっていきます。

解体は午前中で終わりました。

何もなくなりました。

この後配管工事を行い、今日の工事は終了です。

浴室は冬が一番危険です。

真冬に裸になって寒さにさらされるのは体が防御反応を起こして血管が萎縮して瞬時に血圧が上がります。

その後暖かいお風呂に漬かるので欠陥が急激に広がります。

これがヒートショックです。(STOPヒートショック

この血圧の乱高下が脳梗塞や心筋梗塞などにつながるのです。

事故での死亡者数よりもこちらのヒートショックによる死亡者数の方が多いと統計が出ています。

ヒートショックによる死亡者数は19,000人と言われていますが、平成30年の交通事故による死亡者数は約3,500人。

いかに浴室内での事故が多いかがよく分かります。

実は15年前、母親が倒れたのも浴室で救急車で運ばれ脳梗塞で右半分が動かなくなっていました。(その後リハビリをしてある程度までは回復しましたが後遺症は残りました)

それを経験しているので他人事では無いので注意喚起をしています。

是非新しくリフォームする場合は翌日暖房をつけることをお勧めします。

お風呂のリフォームに関するご質問はこちらまでお願いします。

お風呂リフォームの依頼から工事まで

お風呂のリフォームと言っても、どうすれば良いか、を説明します。

例えば弊社に連絡を頂くと、まず

1. 今のお風呂のサイズや設置場所、天井裏の状況などを確認に伺う日程を決めます。

2. 実際にお邪魔して現状を確認調査します。

3. これを元にどう言うお風呂が収まるかを判断し見積書を作成し、後日お渡しします。

4. 見積書が概ねご了解頂けたら、是非ショールームに行って頂きたいです。

何の為かと言うと、例えば浴槽の入り具合、床の状況(例えばカラリ床)とか、壁の色やデザイン、手すりを付けるとか、照明の種類、換気扇を浴室暖房乾燥機にするなど。

5. ショールームに行って頂きメーカーの見積書を作成するとそれを基に再度見積書を提出します。

6. 見積書をご了解頂ければ契約を致します。(この時手付金をご入金頂きます)

7. ユニットバスをメーカーに対して発注をします。(本体の納期は約2週間ほどですが、職人の混み具合などを勘案してお客様と日程を決めていきます)

8. マンションの場合は工事届出書を管理組合に提出します。(この書類の中には必要に応じて平面図、仕様書、工程表、工事のお知らせが含まれます。また管理組合によっては工事の許諾を得るのに数週間かかる場合があります)

9. 近隣にお知らせをします。(戸建ての場合はこれを省略させて頂く場合もあります)

10. 工事初日 養生をし、解体を行います。

11. 2日目 今までのお風呂の給水管、給湯管、排水管の移設工事を行います。

12. 3日目 ユニットバスが現場に届けられ、現場の階まで搬入し、組み立てをします。

13. 4日目 給水給湯管をシャワー水栓に接続したり、ユニットバスの排水を接続したり、電気の配線、ダクト管の接続、給湯器リモコンの設置、そして解体した壁の復旧と浴室扉の枠を取り付ける大工工事を行います。(これでお風呂に入ることができますが、まだ完成ではありません)

14. 5日目 壁紙や脱衣室の床(ビニールシート)の貼り替を行うと完了です。

15. 引き渡し後残金をご入金頂きます。

以外と手続きが多いと思うかもしれませんが、安い買い物ではありませんので、私たちも緊張感を持って臨みますのでご了解頂きたいと思います。