キッチンのタイルの目地の汚れが気になる

キッチンの前にはタイル張りの壁があります。

これは不燃材で火に強い燃えない素材です。

また、タイルは磁器なので、擦っても傷はつきません。

しかし、タイル目地のこびり付いた油汚れはなかなか取れません。

目地材は白いモルタルのような物なのですが、油が付着した後コンロの熱で油が固着します。

するとこの目地は綺麗にならないのです。

熱で固着する前ならかなり綺麗になるとは思います。

最近ではタイルではなくキッチンパネルに取って代わっています。

目地がなく鏡面のパネルが多く、洗剤を使えば油が除去できます。

目地のお掃除から解放されるのです。

油が固着した目地の汚れは取れませんが、目地材を一旦削ぎ落としてまた目地材を入れ直せば良いとは思いますが、私も実験したことがあるのですが、目地材のみを削ぎ落とすのはほぼ無理だと思います。

目地のみを削ぎ落としたいのですが、タイルまで傷つけてしまうので、結果状況はひどくなります。

また、今あるかどうかはわかりませんが目地の上から白い塗料を塗ることもやってみたことはありますが、はみ出したり、油の汚れの上は塗料がはじいてしまい綺麗にはなりませんでした。

これからはキッチンパネルにする方がかえってコストがかかりません。

タイル職人も高齢になり廃業する人も増え、その割には若い人はいないので、結局タイルを施工してくれる人はあまりいません。

結論としては、目地を綺麗にするには限界があると言うことを認識しておいた方が良いと思います。