網戸張替え

夜になると涼しくなってきました。

熱帯夜から解放された感じですよね。

そうなると窓を開けて寝ると言うこともあります。

しかし網戸の網が破れていたり穴が空いていたりすると「蚊」が入ってきます。

やはり網戸はきちんと役割をしないといけませんね。

網戸の張替えも行っております。

今日はお孫さんが勢い余って破った網戸を張り替えてきました。

10年以上経過すると網がかなり劣化していますので勢いをつけなくても破れてしまいます。

一概にお孫さんのせいとも言い切れない気もしますが・・・

1つ注意点を

網戸の幅で85cm以上の幅になると「幅広」になります。割高になります。

※ちなみに、フスマも障子も「幅広」があります。

張替えには1.2m×2.5m位のスペースがないとできません。

作業スペースがない場合は、網戸を外して持ち帰り、数日後に納品と言う方法になりますことご了承ください。

よく、ベランダで張り替えて欲しいと言われますが上記の作業スペースがないと張替え作業ができませんので持ち帰って後日納品というやり方になってしまいます。

網戸

夏、虫が窓から入ってこないようにする為網戸があります。

しかし網戸の網はナイロン製で劣化します。

特に紫外線を浴びている所は劣化が早いですね。

ナイロンの糸に張りがなくなり細くなって何もしないのに切れてしまいます。

何と言いますか、ナイロンに含まれる脂分がなくなり触ると白い粉が手に付きます。

これ、外壁の塗装も同じで、手で触ってみると粉が手に付くのです。

これからが夏本番です。

網戸は早めに張り替えましょう。

網戸が破れた

網戸の網は劣化します。

あちこち網が切れてしまいました。

これだと蚊や虫が入って来ます。

これから春、夏と暑くなると網戸が必要になります。

このように網が切れるのは5年以上は経過していると思います。

そのままだとそれほど劣化も進まないのも知れませんが雨に当たり、紫外線に当たりを繰り返すと劣化は進みます。

庇(ひさし)があれば雨が当たる事は少ないです。

網も新品の時は油分があるので雨をはじくのですが、年数が経つと油分もなくなり切れやすくなります。

虫が入る前に網は張り替えましょう。