蛍光灯の在庫は少なくなっています

ついこの間まで蛍光灯だった照明器具ですが、いつの間にかLEDに代わっています。

街灯もLEDになっていますが、私の家は2箇所は蛍光灯のままです…

事務所の天井の照明器具はまだ蛍光灯を使っている所も多いと思います。

この間、まだ使えるからという事で蛍光灯の安定器を交換した職人さんから聞いた話です。

安定器を新しくしたので蛍光灯が点灯した、までは良いのですが、古くなった蛍光灯を交換しようと新しい蛍光灯を手配しようとしたら(40Wが)手に入らないと言う緊急事態が起きたそうです。

ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの量販店に聞いたところ20本ならあると言われたそうです。

120本必要なのに6分の1しか手に入らない。

これからは蛍光灯の生産も減少するでしょう。

安定器などの部品の生産も確実に終了します。

リフォーム会社からLEDを勧められるのは、このような事情があるのです。

蛍光灯にこだわっても蛍光灯自体が品薄になると価格が高騰する可能性もあります。

私は新しくLEDの照明に交換する事をお勧めします。

蛍光灯の価格、安定器の交換などの修理費、40Wの蛍光灯は文字通り40Wの消費電力です。

【LEDのメリット】

  • LEDなら半分以下の消費電力でコスト削減
  • 蛍光灯の交換の手間が無い
  • 寿命が40,000時間
  • 蛍光灯より明るい
  • 蛍光灯に比べ熱放出が少ない

※大塚商会がメリットを記載しています

デメリットとしては一旦点灯しなくなると交換になってしまいます。

蛍光灯の生産、蛍光灯器具の部品生産は徐々に減少します。

上記のメリットを見るとLEDに替えることをお勧めします。