赤ちゃんの転落防止ゲート

戸建てマンションでもメゾネットの場合、階段から赤ちゃんが落ちないように柵が必要です。

今日は川崎市中原区にあるケンラックシステム株式会社の河野さんと矢野さんにお会いしてきました。

ケンラックシステムさんは保育園に椅子や遊具などを納入している会社です。

大切なお子さんを預かっている保育園で信頼を得ている会社です。

動画をご覧ください。

一度閉まると幼児では開けられない仕組みを採用しています。

ここでは保育園の先生方が開け閉めできるように1m20cmの高さに鍵があります。

この引き戸だと引込のスペースが必要ですが、開き戸もあります。

引き戸は引き込むスペースが必要ですので、ゲートと同寸以上の長さが必要になりますが開きだと階段巾で収まります。

これも幼児では開けられないシステムになっています。

この開き戸については蝶番の締め付けで指を挟まないように配慮されています。画像は閉じた時の蝶番ですが、90度の切り込みがあるので万が一指を置いても挟まらない構造にしています。

今回紹介した柵は赤ちゃんや幼児の転落防止に非常に有意義なアイテムです。

各家庭のサイズに合わせて製作しますので隙間が出来ることはありません。

お問い合わせください。