お湯が冷めない魔法瓶浴槽は姿勢も楽チン

TOTOのユニットバス「魔法瓶浴槽」

浴槽に保温機能を高めた「魔法瓶浴槽」と言うタイプを設定していて浴槽に溜めたお湯の温度が下がらないようになっています。

もちろん、冷えた体で浴槽に入れば浴槽の温度は下がるのは当然です。

熱量保存の法則があるので冷えた体が温まる代わりに浴槽のお湯の温度は下がります。

少しぬるくなったお湯のままにしておくと、次に入った人がぬるく感じます。

「追い焚き」をして温度を上げておけば次の人が快適に入れます。

ただその次に入る人が仕事で遅くなったり、時間をおいてしまうと折角温めたお湯が冷えてしまう。

しかしTOTOの「魔法瓶浴槽」は4時間経過しても2.5℃しか下がらないように設計されています(魔法瓶浴槽専用のふろふた使用時)。

温度の下がり方が少なければ追い焚きの時間も少くなる。

と言うことはガス使用量も少なくなると言うことです。

都市ガスの方はそれほど気にならないかも知れませんが、プロパンガスだとかなりの節約になります。

真冬は温度が下がらないほうが嬉しいですね。

ヘッドレスト

最新の浴槽はヘッドレストがあり、湯船に浸かった時リラックスできる姿勢になるように設計されています。

このカーブが心地よい姿勢で入れるヘッドレストです

在来のユニットバスだと浴槽に浸かった時、頭が不自然な格好になるので、浸かった姿勢はあまりよろしくないのです。

しかし新しい浴槽はヘッドレストを設けているので自然な姿勢でリラックス出来るようになります。

このように新しいユニットバスは進化していますので、今まで以上に快適でリラックスできると思います。

ユニットバス

マンションのリモデル用ユニットバスの組み立てが完了しました。

TOTOのリモデルシステムバスルームです。

正面にアクセントパネルがあり高級感があります。

最新のTOTOのユニットバスは浴槽に入った時の姿勢を考えて設計しています。

従来の浴槽にはない頭を気持ちよく置ける角度がついているのでリラックス出来ると思います。

床はほっカラリ床になっています。

以前のバスルームは足を踏み入れると冷たかった床が今度は保温効果もあるのでこの冬から安心して浴室に入れます。

また入る時、扉を開けて脚を一回上げて踏み入れなければならなかったのですが、新しいお風呂は脱衣場の床の高さのままなのでスムーズに入れます。

何が良いかと言うと高齢者の方などには楽チンで入れる事と、転倒する心配がかなり軽減されるはずです。

ランドリーパイプは雨の日には干す場所を確保できるので便利です。

浴槽には保温が施されていて「魔法瓶浴槽」になっています。

冬場、入る時間がバラバラでも保温効果が高いので4時間経過しても2.5度しか下がらないようになっています(ただし専用の風呂フタが必要)

長くご愛用頂けるユニットバスだと思います。

ユニットバスに関してのご質問はこちらまでお願いします。

お風呂のリフォーム「解体」

お風呂をリフォーム。

最新のユニットバスは冬でも床が冷たく無いTOTOのホッからり床があります。

従来のユニットバスの床はプラスティックそのものなので冬は足が冷たく感じます。

しかし「ホッカラリ床」は床に保温材を仕込んでいるので真冬に入っても冷たさが殆どありません。

浴槽も保温材が層で囲んでいるので4時間経っても約2.5度しか下がらないのです(ただし風呂フタも専用の断熱風呂フタを使用した場合)。

さて、今日は解体工事。

既存のユニットバスがバラバラになっていきます。

解体は午前中で終わりました。

何もなくなりました。

この後配管工事を行い、今日の工事は終了です。

浴室は冬が一番危険です。

真冬に裸になって寒さにさらされるのは体が防御反応を起こして血管が萎縮して瞬時に血圧が上がります。

その後暖かいお風呂に漬かるので欠陥が急激に広がります。

これがヒートショックです。(STOPヒートショック

この血圧の乱高下が脳梗塞や心筋梗塞などにつながるのです。

事故での死亡者数よりもこちらのヒートショックによる死亡者数の方が多いと統計が出ています。

ヒートショックによる死亡者数は19,000人と言われていますが、平成30年の交通事故による死亡者数は約3,500人。

いかに浴室内での事故が多いかがよく分かります。

実は15年前、母親が倒れたのも浴室で救急車で運ばれ脳梗塞で右半分が動かなくなっていました。(その後リハビリをしてある程度までは回復しましたが後遺症は残りました)

それを経験しているので他人事では無いので注意喚起をしています。

是非新しくリフォームする場合は翌日暖房をつけることをお勧めします。

お風呂のリフォームに関するご質問はこちらまでお願いします。