2つの部屋を1つに

リビングが小さいとやはり使い辛いですよね。

広く使えるように2つの部屋を1つの部屋にリフォームしました。

6帖はありますが、細長く家具を置くとどうしても使い辛い部屋です。

隣接する洋室も6帖ですので、2つの部屋を合わせると12帖になります。

そこで壁を解体します。

ご覧のように骨組みが出てきました。隣の部屋の窓も見えてきましたね。

スイッチ、コンセント、インターホンの線が壁の中にあったので電線なども見えます。

このスイッチやコンセントなどは別の位置に移動しなければなりませんので、電気配線工事などが必要になります。

さらに、壁があったところを補修して見た目何もなかったかのように復旧する工事も必要になります。

向こう側の壁には「解体した壁」の跡が見えます。床、天井にも見えます。

電線などの配線は天井を一部解体して隠蔽し配線し直します。

大工工事で新たな壁を造り、古い壁の跡は埋めて、床も全て剥がして不陸調整をして内装工事をします。

最初の狭いリビングから上の画像のように広いリビングになりました。

大まかに言うと、解体工事→大工工事→電気配線工事→内装工事を経て完成します。

実はいろいろと見えない問題はあります。

例えば壁を解体したは良いが天井の高さが違うとなれば、高い方の天井を解体して低い方に合わせるとか。

梁に組み込まれていた壁の跡を修復するモルタル調整工事。

照明とスイッチの配線を入れ替えたり増設したり壁内に配線しなおす工事。

床の凹みや出っ張りを調整する工事など良い状態にする為の隠れた工事が実はあるのです。

完成すると使い勝手が良くなり、内装などで印象も昭和の雰囲気から令和に変身し、これから長く愛用されるのだと思うとしみじみしてしまいます。

2つの部屋を1つの広い部屋にするリフォーム、是非ご相談下さい。

2部屋を1部屋に

和室と洋室を1つの部屋にして大きく使いたい。

そんなご要望にお答えするのがリフォーム屋の仕事の醍醐味でもあります。

畳の部屋で押入れがあり、和室への入り口がある。

当たり前のことですが、解体をしてみるといろいろ問題点が出てくることがあります。

例えば天井の高さが違う。

壁の位置が違う。

これは2つの部屋の間に壁があったから何の問題もなかったのですが壁がなくなることによって壁が段違いだとか、和室の天井が洋室より高い位置という事も多々あります。

写真の和室の中を解体します。

壁、天井、押入れの中、敷居、鴨居など取り払います。

和室の面影が全くなくなりました。

天井も無くなっていますが、これはリビングの天井の高さに合わせる為です。

まだリフォームの途中ですが、出来上がりは後日お知らせします。