床の劣化のプチリフォーム

フローリングも長く使用していると表面にキズがついたり、物を落として凹ませたりしますよね。

また床がキシミ音をあげたりすることもあります。いわゆる床鳴りです。

賃貸物件のフローリングのキズと床鳴りを処理一番安価に修復しました。

床からの音は根太に問題があることが多いのですが今回はフローリングの老朽化です。

これはフローリングを床下から見た画像ですが、半円状になっているところがあります。

フローリングの裏が割れています。

歩く時この割れているところに体重が掛かるとパチッと音がします。

新しい根太を古い根太と抱き合わせて割れている真下に当て補強しました。

床下の補強なので床は開口します。

修復すると…

このようにビスや丸のこで切った跡が残りますのでお化粧直しを兼ねてクッションフロアを貼ります。

もう一つ2箇所フローリングの表面が削れている箇所がありましたのでこの補修も併せてのリフォーム工事です。

これで跡が残らない。加えてキレイになります。

フローリングを張り替えれば新品の床になりますが費用を抑える為にCFを提案しました。

もちろんCFではなくフロアタイル(塩ビタイル)を貼る事も出来ます。

ちなみに、今フローリングを張る時は下に12ミリの合板を張りその上からフローリングが標準工程になっています。

根太の上に合板+フローリングなので先程のような劣化はしなくなります。

キズや音で困った時は是非ご相談下さい。

床のキシミ音

歩くと床がギシギシ。

これ、できる所と出来ない所があります。

画像(CFを剥がしたところです)は洗面室なのですが、CFなどの箇所は問題なく出来ます。

所がフローリングだとなかなか簡単にはいきません。

同じ型番のフローリング材がもしどこかにあっても、うまくできない確率の方が高いです。

CFの下地は殆どの場合が合板です。

なので、この合板を切って、新しい合板で「つぎはぎ」になったとしてもCFでお化粧直しすれば元どおりどころか、元の状態よりも綺麗になります。

しかし、フローリングの場合は施工方法によって部分的にうまく剥がれないことの方が多いのです。

また、同じ型番のフローリングがないことの方が多いです。

新築やリフォーム後数年では床鳴りはあまりしません。

十数年経過した頃床鳴りがあると、既に当時のフローリングは廃番になっています。

他にも理油はありますが、今回は洗面室です。

予算があれば、合板を全面的に張り替えするのがベストだと思います。

工事時間がなかったり、根太や大引きからやり直さねばならない場合、予算も掛かります。

今回はその制約の中で工事をしました。

床鳴りの箇所を特定し、下地を開孔します。

多いのは釘が経年劣化で錆びてしまい合板と根太を繋ぎ止める役割ができなくなり歩く度に床がしなって釘が上下運動を繰り返し擦れて床が鳴るケース。

今回はそうではなく、根太の問題でした。

建設当時の大工さんの手抜きなのか、リフォーム時の手抜きなのか、根太と大引きがかなりいい加減な状態です。部分的に合板に直接柱を立てて床を支えていたのですが、その柱自体が床と共に浮いていました。

開孔した所から柱を調整したり大引きを調整しました。

明日CFを貼り修復完了です。