歩くと床からきしむ音がする

部屋の中を歩くと床がキュッとかギュッとか音がする。これが床鳴りです。

いつも歩いていると同じ所で鳴ります。

床鳴りは不愉快ですが、機能的に問題があるわけでは無いのでそのままの方も多いと思います。

簡単に直りますか?

正直なところ簡単ではないケースが大半です。

床を開口することが多く復旧工事の方に費用が掛かるケースが半分くらいです。

何故床鳴りが発生するのでしょうか

床鳴りは床の下の錆びた釘のピストン運動と板と板の摩擦音の2種類あります。

【床の下の錆びた釘のピストン運動】

床板と根太を固定している釘が錆びて痩せてしまい上下に擦れてしまう時の音のケース。

これは床板が根太(下地の角材)が支点になりシーソーのようになっていて、例えば右足と左足に交互に体重をかけるとギシギシと音がする場合です。

【板と板の摩擦音 】

板と板の継ぎ目がお互い擦れて音が発生しますが、やはりこれもシーソー運動が原因です。

【修復】

いずれのケースもノコで切れ目を入れたり開口したりします。

また1か所で原因が分かれば良いのですが、数か所開口しなければならないことの方が多いので、修復に費用が掛かります。

下の画像は電動ノコで四角く切れ目を入れた時の様子です。

中を見ると修復箇所の根太がスラブから浮いていましたので体重をかけると沈みそこから離れるとまた浮き上がる。この繰り返しでした。

そこで根太が沈み込まないよう処置をします。

上の動画は、際根太と呼ばれる壁の下の根太が浮いたり沈んだりして音が鳴っていました。

この根太に打たれていた釘は全部抜いて補強をした後、ネジで固定しました。(一か所修復すると別の箇所が鳴り始めることも多々あります)

費用はどれくらい掛かるか、工事の日数は、とか何でもお気軽にご質問下さい