LED電球について

今はLEDの時代。

家電量販店でもホームセンターでも、私達のようなリフォーム業者でも照明器具を交換する時にはLEDしかない、と言っても過言ではありません。

器具自体にLEDが組み込まれているので電球交換は出来ない器具が大半です。

シーリングライト、ダウンライト等は球が別の器具は少ないです。

電車に乗ると昔の蛍光灯の形をしたLEDランプを目にします。

蛍光灯の形をしていますがLEDです。

この形はオフィスでよく見かけますが、蛍光灯をLED型の交換する事は可能です。

ただし、球を交換するだけではダメで中の安定器を外してダイレクトにLEDに接続する必要があります。

このように器具はそのまま使って球をLEDに交換する事は出来ます。

例えば裸電球の形をしたタイプでねじ込むもの。

これはレフ球ですがこれと同じ口金のLEDもあります。

ですから無理に器具を交換することもありません。

ただしデメリットとしては、デザインを見るとやはり最新の物が格好良いと思います。

もう一つデメリットは器具も劣化しているので器具本体がLED球より先にダメになることは大いに考えられます。

ちなみにダウンライトはLED球よりも安くなっていますので、私達は新品をお勧めしています。

電気代はLEDの方が確実に安いのでそれぞれに見合った器具選びをするべきです。

LED人感センサー付き電球が点灯しない!?

電球型のLEDで人感センサー付きのタイプ。
私は消し忘れが多いので電気代がもったいないと思いこの人感センサー付きLED電球を付けています。
例えばトイレで朝ONにしてそのままで夜帰ったら明々と点灯していた、なんて言うことが多いのです。
電気代ももったいないし、誰もいないのに付けっぱなしは無駄以外の何物でもない、と思っていますし、正直悔しいです!

先日、この人感センサー付きLED電球が点灯しなくなったので、とりあえずストックしておいた人感センサーナシの電球型の蛍光灯の物に差し替え使っていました。
ところが、長年スイッチをOFFにする癖がなかったので、やっぱりやってしまいました!
夜帰ったらトイレが明るい!
本当にもったいない。。。

本日人感センサー付きLED電球を買ってきて差し替えましたが、
「?」点灯しない。。。
おかしいな?と思い、先ほどの電球型蛍光灯に差し替えると点灯する。。。
またLEDに替えると当たり前のことですが、スイッチを入れると40秒ほど点灯して消えます。
扉を閉めて人感センサー付きLED電球が消えたことを確認してトイレに入ってみると点灯しない。。。

「あれ?本体がダメになったのかな???」(※本体器具がダメになるケースもありますので、その時は本体を人感センサー付きのLED照明器具に交換することをお勧めします。)

でも古い球にすると点灯する。。。

おかしいな?と考えていたら。。。

ふと気づきました。

今は昼間で明るいので、点灯しないんだ!

なんとも間抜けですね…

点灯確認を何度もしていた30分位の時間を返してくれ!と言いたい気分になってしまいました。

そして、夜、暗くなって確認したら、問題なく点灯してくれました。

めでたし、めでたし。

価格も1500円程度なので、つけっぱなしにすることを考えると電気代から考えてもお得だと思いますよ。