マンション用フローリング(LL45)

今日はフローリングについてお話をします。

マンション用のフローリングは下の階に音が響かないようにマンションの管理組合でLL45のフローリングにする規定があります。

100%ではありませんがかなり多くのマンションがこの規定を取り入れています。

防音のやり方は2つあり、スポンジのような物を貼って防音効果を高めるものと二重床の脚にゴムをしつらえて防音を果たす物がある。

これは新築当時の工法に準拠していることが多いです。

今回のリフォームは防音素材が付いたフローリングでの貼り替え。

「直張り」と言い、スラブ(コンクリートの床)に専用接着剤で貼り付ける種類です。

この工事では二重床を敷いてその上に当該フローリングを貼ります。

二重床の上に防音用フローリングを置いたところ。

ここから大工さんの腕の見せ所。

壁が必ずしも直接ではありません。

扉枠は出っ張っているし、微妙にカーブになっていたりします。

隙間を無くすよう最大限の技術力を発揮します。

塩化ビニールなどではなく「木」なので0.5ミリ違っていてもはまりませんし、逆に0.5ミリ小さいと隙間が見えます。

ここに神経を集中させるのでかなり時間が掛かるのです。

この廊下は1.5坪ないのですが、1日では終わりません。

2日かけて仕上げます。

端(壁や框や見切りに接する部分)の加工に時間が掛かります。

マンションのフローリング張り替えを検討している方。

防音の種類を知っておくとリフォーム業者さんとのコミュニケーションがスムーズになると思います。

ちなみに、マンションの管理組合の規定では前述の通りLL45が一般的ですが、中にはLL40にしなければならない管理組合もありますので、必ずリフォーム前に確認して下さい。

さらにちなみに、ですがLL45よりLL40の方が防音性能は高いです。

畳の部屋をフローリングに

和室を洋室にするとかなりの予算が必要になりますが畳をフローリングにするだけならそれ程難しいことではありません。

築年数は四十数年。

今回の工事では普通はめったにお目にかかれない工法で、畳の下は木毛セメント板で平面を出しています。

さらにその下にはセメントのダンゴで高さ調整をしています。

まず、畳、木毛セメント板、セメントのダンゴを処分しなければなりません。

かなりの重さがあります。

なくなると…

まだセメントのダンゴが残っています。

畳がなくなってコンクリートの床が見えています。

このコンクリートの床が躯体と言われる構造体です。

この上にフローリングを張ることは出来ません。

手前の部屋と躯体の高さが違うからです。

約15センチ高くしなければなりません。

下地を作り上げるのには木組みか別の方法か。

今回は万協のフロアシステムで下地組をします。

高さ調整の出来る脚、その上に厚さ25ミリのパーチクルボード、その上に12ミリの合板を張り込みます。

この一番下の脚に振動を吸収するインシュレーターが組み込まれています。

これがマンションの階下への騒音を軽減する装置です。

今回の脚はLL45をクリアする性能があります。

これらを張り込むと…

手前が合板、奥の方に見えるのがパーチクルボードです。

今日は畳から板張りにするまでの工程でした。

ちなみに大工工事は木屑がかなり出ます。

在宅のままで大工工事がある場合はスペースを確保すれば良いというわけでなく、木屑がかなり飛び散るので、家具や絵、生活用品を一時他の場所へ移動をお願いしております。

その他、電気や水道を使わせて頂きたいことや、トイレもお借りしたいと思いますのでご協力の程よろしくお願い致します。