キッチン水栓交換について

キッチン水栓との交換です。

最近のシングルレバーのキッチン水栓は各メーカー共にエコ水栓と言う方式の物が増えてきていますが、これは知らず知らずのうちに給湯器を稼働させているのを防ぐ為にメーカーが開発した機能です。

水を使っている人は単に水を使っているとしか認識していないのですが、実はお湯をお湯と認識せずに無駄にガスを使っていた、なんていうことがあるのです。

つまり気が付かずガス代を損していた時があったのです。

それがエコ水栓は水側からお湯側にレバーを動かしていくと「カチッ」と音がしますがその箇所から左側のみお湯が出るように、つまり給湯器が作動するようになるので誤作動はありません。

画像はTOTOのキッチン水栓、TKGG33ECです。

2ハンドルキッチン水栓をシングルレバー水栓に取り替えます。

シングルレバーになりましたが、以前からアナウンスしておりますが吐水口の位置がかなり高くなります。

大きな物を洗うには良いのですが、反面水が飛び散るようになってしまいます。

だいたい50cmの高さに吐水口が位置します。水切りがある場合は2ハンドルの水栓の方が水の飛び散る率は少なくなります。

個人的にはキッチンを交換するのがベストだと思います。

新しいキッチンの場合は水栓の位置がシンクのすぐそばになるので、飛び散ることもなく、非常に使い勝手が良くなります。