アンテナ工事

大都市圏では最近ケーブルテレビが多く利用されており、アンテナで電波を受信できない所や障害物がある所では非常にありがたい存在だと思います。

一方、月々の料金が掛かるので出費。気にする人にとってはありがた迷惑でもあります。

賃貸物件の場合、入居者それぞれの考え方があり無料で観れる方が良い人もいるでしょうし、有料チャンネルが観られるケーブルテレビの方が良い人もいるでしょう。

賃貸契約をする前に借りる側が物件で視聴可能な方法を事前に確認しておく必要があります。

さて、今回は賃貸物件のアンテナが去年の台風で傾いた為交換をする必要があったので交換をしました。

3階建で屋根は三角屋根。

勾配は5寸勾配でかなり傾斜角は急です。

足場があると安心ですが、足場費用を考えると非常に高い交換代金になります。

そこでアンテナ専門業者に依頼しました。

実は一旦別の業者さんに依頼をしたところ、屋根の勾配がきつい為無理です、と、言われました。

足場を組むか高所作業車などがないと危険なのでできません、と言われると、ごもっともだと私も大きく頷きます。

落ちたら命はありませんから…

ただ、費用がかさばるので大家さんとしては少しでも安く設置できないか、と思うのも分かります。

それで新たに業者さんに探しを始めて先日交換が終わりました。

3階と言うと階高が3mとしても頂点で12mほどの高さになります。

たまたま3階の一部屋が空室だったのでそのベランダから屋根に登ってもらいました。

わずか1時間強で交換終了です。

場所は横浜市青葉区。

電波の強さも確認してくれ、ランドマークタワーではなく、スカイツリーに向けて設置しました。

つまりテレビ神奈川は受信できなくなりますがMX TVは映ります。

ただスカイツリーまでの距離とMX TVの出力が弱い(元々東京のみの地方局ですから)と言われましたが、映れば良いでしょう。

スカイツリーは東京タワーに代わるテレビ塔で高さも634mあります。

東京タワーよりも高い位置から電波を飛ばすので電波障害は少なくなっていると思います。

それでもマンションの陰や高台が障害になる所は存在します。

もちろん共用アンテナとして高い建物が電波を受け近隣に分配している所はこの限りではありませんし、電波の状況が良くない所はケーブルテレビは非常にありがたい存在です。

それぞれの状況に応じて選択する事が良いと思います。

今日はアンテナ専門業者のお話でした。