共有部のダウンライト

照明器具は5年前と比べると殆どがLEDになり、蛍光灯やシリカ、レフ球、クリプトン球などの熱と光を出すタイプは殆ど見られなくなりました。

その5年前はマンション共有部の非常灯もLEDはまだ生産されておらず、代替品は旧式のタイプでした。

物自体も大きく、今、LEDは殆どが小さくなっています。

それはアナログの球からLEDになったばかりの時もサイズが少し小さくなりましたが、最近さらに小さくなっていて、ダウンライトは元々ある穴に合うものが減ってきています。

穴の直径が175ミリと言うのは普通だったのに今や100とか75とか、小さくなってしまい昔の穴を塞ぐしかないのです。

塞がなくてもアタッチメントで処理しなければならずここ2年の時勢の移り変わりには閉口します。

またLEDには40,000時間と言う寿命があるのに24時間365日点灯状態だと寿命が半減すると言うこともメーカーの言で最近知りました。

以前は普通にあったユニバーサルタイプのダウンライトも激減していて角度調整で照らす器具を探すのも一苦労です。

で、ユニバーサルタイプが同サイズで入手できないのとあっても価格が高いと言う理由から光が拡散するタイプで代用しました。

私達もメーカーに合わせて器具の選定をしなくてはならないので開発側に振り回されるきらいは大いにあります。

さらに種類は増え古い機種は減っていくのだと思います。

カーペットの張替

階段のカーペットの張替を行いました。

カーペットは最近人気がなくなってきています。

なぜかと言うとハウスシック症候群の影響かと思われます。

ダニ、埃などが潜伏するのに都合が良い形状だからと言うのですが、一概には言えません。

カーペットと同様人気がないのが畳。こちらも同じくダニが潜むからという理由。

そんなことないんですけどね〜

カーペットはデメリットばかりのような気がしますがそんなに悪いものではありません。

一番のメリットは防音効果。階下への騒音低減にカーペットの果たす機能は大きいです。

また、これからの冬場には暖かいという事。

さらには柔らかさもあるので怪我をしにくいと同時にそのクッション性のお陰で脚や膝にも優しいのです。

カーペットを剥がしている途中。

階段は剥がし終え、一番下の面はまだ剥がしていません。

張り替えた後の画像です。

新しいカーペットは肌触りも良くフローリングに比べると足音が透過しません。

カーペットの良さを見直した工事になりました。

ブティックのように洋服を収納する方法

洋服は女性にとって必要不可欠な大切なもの。

一般的には収納やウォークインクローゼットなどに保管しますよね。

でも、収納はもちろん、その他にも保管する方法をお客様に教えて頂きました。

部屋そのものを大胆に使い、より多くの洋服を掛けるようにしたいとのご希望で、パイプハンガーを有効に利用した方法です。

ここにパイプハンガーが出現します!

壁側に上下2段に掛けられるように作りました。

上は手が届く程度の高さにして短い洋服を。下の段は少し長めの洋服を掛けるものです。

私たちはどうしても収納などの「扉」にとらわれてしまいがちで、一般的なハンガーパイプの設置を考えていまして、こういう発想はなかったのです。

天井にカーテンレールを取付ければ埃も付きにくくなります。

壁一面に洋服が並んでいれば自分の洋服を見るのも楽しいし、取り出すのも簡単ですね。

ちょっとした工事でブティックのように!

雨漏りは…保証で

大家さんから依頼を受け、現場を確認しました。

しかし外壁の工事を2年前にやっていたようでまだ保証期間内なので外壁の工事をやった業者に見せるとの連絡を頂きました。

こう言う内容の工事は、もし弊社が工事を始めると保証が効かなくなる可能性がでるのでギリギリセーフだったかな、と思います。

保証期間内で当該会社が保証工事を行えば大家さんの出費はありませんが弊社で行えば費用は発生します。

2ヶ月前からおつきあいを始めたばかりですので状況が分からなかったのですが私達も推測してお伝えすべきだと思いました。

大家さんにとって良い方に動いたとおもっているところです。

ドアアーム

アパートの玄関でドアアームの扉枠の方の取り付け部が木枠ごと破損してしまったお部屋があります。

となると扉枠ごと交換しなければならないのですが、大家さんからなるべくお金を掛けずにと修理を依頼されました。

ビス穴はダメージが大きく数ミリずらして取り付けは不可能なので、数センチずらして取り付けることにしました。

すると、ダメージがある部分が丸見えなのでそれをキレイに見せなければ修理は失敗ということになるので、できる限りの手当てをしました。

このような状況でしたので薄いベニヤを当てがい、ドアアームの固定位置を数センチ移動します。

まずはベニヤを張ります。

そこに塗装をします。塗装の途中です。

塗装が終わったら、ドアアームを固定し、アームの長さも調整し完了です。

なるべくお金を掛けたくないですからね。頑張ってみました。

雨漏り…

今日は雨が降りました。しかも時折強く。

出窓のカウンターが劣化したお宅にお邪魔してカウンターの中(と言うか下地の方)を確認したところ、水が溜まっていました。

一概に雨とも言えないかもしれませんが雨以外に水が溜まる原因がないのです。

近くに蛇口があるわけでもなく水道管が通っているわけでもない。

既にカウンターの素材の木はボロボロになっていました。

恐らく長年に渡って湿気が木を腐らせたのだと考えられます。

出窓なので足場を組んで調査をしたいのですが足場は費用もかなり掛かるのでオーナーさんにはかなりの負担となります。

そこでブランコの職人さんにロープで降りて貰って確認をしてもらうことを提案しました。

まずは雨漏りを止めなければ修理をしても状況は改善されません。

雨漏りの調査→雨漏り修復→カウンターの下地補強→カウンターの修復→面材を貼って完了と言う工程になりそうです。

ただ、雨漏りが本当に止まったのかを確認する為日数がかかるのです。

雨漏りは本当に厄介ですが原因を突き止めるまでは続けていきます。

エアコンの電線が短い⁉️

量販店でエアコンを買ったのに取付してくれなかった!?

 

お客様からエアコンを取り付けたいが「線」が短いので延長して欲しいとの依頼が入り現場調査に行ってきました。

ただ電話で「線」と言われてもコンセントまで来ている壁内の『電線』のことかそれともエアコン本体の『電線』のことなのかよく分かりません。

お客様に確認してみると「量販店でエアコンを買いました。取付前に現場を確認したいと言って業者が先ほど来て「線」が短いので、延長を電気工事店に依頼して延長してください、と言われたのですが・・・」(お客様も内容がよく分からないような雰囲気でした)

電話だけの情報から推察するとエアコン用のコンセントが取付位置の近くになく、床に近いコンセントまでエアコンの電線がとどかないので延長をして欲しいと言う意味だと思いました。

しかし、訪問して現場を見てみるとそうではなかったのです。

マンションで多く見られる隠蔽(いんぺい)配管で、室外機を設置するベランダから遠い洋室はエアコンを設置できなくなるので、マンションの場合壁の中にあらかじめ冷媒管を配管をしており、新たにエアコンを設置する場合、その配管を使うのです。

また冷媒管の他に室内機から室外機に電源を供給するためのケーブル(電線)も冷媒管と同じよう配線されています。

室内機と室外機は冷媒管でガスを循環させケーブルで電源を供給しなければ機能しません。

しかしこのケーブルが少しだけ短い。

それなら、単にFケーブル(電線)を延長すれば良いだけの話をなのですが、量販店のエアコン工事の人は標準工事以外はどうもやらないみたいなのです。

今回の依頼は『隠蔽配管のFケーブルが短かいので、延長してほしい』と言うことです。

エアコン工事はやるけどケーブルの延長工事はやりませんので電気工事店に依頼して下さい、と言うなんとも不思議な内容でした。延長すれば済む話だと思うのですが、電気工事士の免許を持っていないのかも知れません。

モールや露出用のコンセントボックスなどを用意して訪問しましたが、全くの見当違いでした。

本来、エアコン工事はまず現場を確認して見積を提出し了解を得た上での工事をやるべきですが、量販店の為、エアコンを売っておいて工事は二の次、三の次になるので、こう言うおかしな状況になってしまうのです。

エアコンを量販店で買うと工事とパック料金になっている。でも量販店では電線の延長工事は出来ないので「電線の延長」を当社に依頼されたようです。

そして驚くべきことに量販店の業者が取付に来たのですが、結果取付をしないで帰って行ったようです。

推測するに隠蔽配管の場合時間も手間も掛かりますので出来ないと言って帰ったと考えられます。

販売する量販店と取付を依頼される業者との間で意思疎通が図られていなかったのでしょう。

最後に付け加えておきますが、拙ブログのバックナンバーにもありますが、量販店のエアコンは私達のリフォーム店や電気店に入る製品よりコンプレッサーの出力が小さいことが多いのでお気をつけ下さい。

特に室外機が1階で室内機は3階の場合はコンプレッサーの容量が小さいと、ガスを送るコンプレッサーの能力が弱く効きが悪くなります。

また、機械なので常時フル稼働させると寿命も短くなり、結果的にあまり安くない買い物になりますのでご用心を。

共用部のダウンライト

賃貸マンションの共用部。

ポストのあるエントランスのダウンライトが点灯しないとの事で確認しました。

数年前にLEDのダウンライトに交換しましたが点灯していません。

本体と電球が一体型なので器具交換が必要です。

おおよそ4万時間、点灯すると言うことだったのでメーカーに電話して聞いて見ました。

当該共用部では、24時間点灯しているので通常の寿命の半分になるとの見解。

今度は寿命の長い商業用の器具に変更しなければなりません。

つかなくなったダウンライトです。

このマンションは照明器具数は多く明るいマンションだったのですが2011年の東日本大震災の時に明るすぎるとことから不要なライトは電球を外し、必要な箇所はLEDにしていました。

今は外していた電球を取り付けて急場をしのいでいます。

連休中でメーカーも問屋も休みなので明けてからの発注になってしまいます。

トイレの照明が点灯しない

新しく電球を替えたけど点灯しないと大家さんから連絡がありました。

そんなわけで、現場に行きました。

確かに点灯しないので器具を交換しました。

薄型シーリングライト。

ダウンライト風の直径15センチほどの大きさ。

まず古い器具を外します。

新しい器具に交換。

スイッチも劣化気味だったので交換し、点灯確認して終了です。

これで暗いトイレとはさよならです。

ご不便をおかけしました。

塗料の話

外壁の塗装は戸建てのおうちなら必要になると思います。

概ね10年に一度は壁の塗り替えをした方が長持ちすると言うことです。

その理由は塗膜が雨の侵入を防いでいるからです。

その塗料の話ですが、遮熱塗料と言うものがあります。

屋根に塗ると温度が下がる。

つまり太陽光で上昇する温度を上げないと言うのです。

データで見ると、確かに温度の上昇を抑えている野ですが、そのまま受け止められない気がします。

実際には2度とか3度下がれば良い方だと思います。

塗るだけで10度くらい下がれば今年の夏は快適なになったかもしれません。

そんな魔法みたいな塗料が早く登場する事を願っています。