住まいのお悩み!解決工房へ! 〜住まいのお悩みご相談ください〜

エアコンの電線が短い⁉️(連絡線、渡り線)

エアコン エアコン工事

量販店でエアコンを買ったのに取付してくれなかった!?

実際にそんなことがあるのかと思うかもしれませんが実際にあった話です。

「線が短いから出来ません」と帰って行った

ある日お客様より電話がありました。

「某量販店でエアコンを買い、取付前に現場を確認したいと業者が先ほど来たのです。ただ・・・『「線」が短いので延長を電気工事店に依頼して延長してください』と言われたのですが・・・」(お客様も内容がよく分からないような雰囲気でした)

電話だけの情報から推測するとエアコン用のコンセントが取付位置の近くになく、床に近いコンセントまでエアコンの電線が届かないので延長をして欲しいと言う意味だと思いましたが現場を見てみるとそうではなかったのです。

問題は隠蔽配管(いんぺいはいかん)にあり?

マンションで見られる隠蔽(いんぺい)配管で(室外機を設置するベランダから遠い洋室はエアコンを設置できなくなるので)マンションの場合壁の中にあらかじめ冷媒管を配管をしており、新たにエアコンを設置する場合、その配管を使うのです。

冷媒管(隠蔽配管)

エアコン冷媒管の隠蔽配管

また冷媒管の他に室内機から室外機に電源を供給するためのケーブル(=電線=渡り線もしくは連絡線と言います)も冷媒管と同じよう配線されています。

渡り線の延長が必要だった

室内機と室外機は冷媒管でガスを循環させ「ケーブル」で室外機に電源を供給しなければ機能しませんが、このケーブルが室内機に届かない。

それなら、単にFケーブル(電線)を延長すれば良いだけの話をなのですが、量販店のエアコン工事の人は標準工事以外はどうもやらないみたいなのです。

今回の依頼は『隠蔽配管の(渡り線)Fケーブルが短かいので、延長してほしい』と言うことでした。

隠蔽配管

渡り線(連絡線)も冷媒管も短い隠蔽配管

渡り線の延長は不可!?

一方、渡り線(=連絡線)の延長はメーカーが認めていないと言う情報を入手しました。

この件の後「線が短いので工事が出来ない」と工事を断られた、と電話を頂くようになりました。

私たちはエアコンと取り付けはセットなので「出来ません」と言うのはよほどの事がない限り言えません。

渡り線が短い場合は延長もします。

冷媒管が短い時も状況にもよりますが延長工事をすることもあります。

実際ここ20年を振り返っても延長工事をした結果エアコンが正常に稼働しなくなったと言う案件は弊社ではありません。

ちなみに弊社ではエアコン設置の時に渡り線が短い時は延長して工事をしております。

冷媒管の延長の方が手間がかかる

延長工事は何も渡り線だけではありません。

短ければ冷媒管も延長をします。

しかし冷媒管の延長こそが厄介なのです。

冷媒管は銅管なので短ければ短いほど曲げる事が難しいのです。

あと2センチ足りないと言う場合は10センチ、15センチと出来るだけ長く切断して新しい銅管を接続し直します。

また配管の直径が異なることもあり、現在は2つの銅管は2分と3分が一般的ですが、古い機種には2分と4分と言う直径の管があります。

隠蔽配管なので取り換えることは出来ませんからジョイントを4分から3分に変換するものを使用します。

これには結構時間が取られます。

ドレン管の問題

エアコンからは水が出ます。

通常は外に出しているのであまり気にすることはないと思いますが、隠蔽配管の場合、排水管がないとエアコンが設置出来ません。

この排水管がいい加減に取り付けられていることがあり、ドレンの水漏れが起きないように十分注意して作業しなければなりません。

排水管はあっても壁の中で手が入らない場合だと壁を部分的に壊さなければならないこともあります。

隠蔽配管の場合の3つの確認ポイント

次の3つのポイントを確認する必要があります。

  • 連絡線
  • 冷媒管
  • 排水管

この3つが1つでも満たされないと、エアコン業者さんは取付をしないことがあります。

ちなみに、これらはリフォーム業者なら、何の問題もありません。

多少費用は掛かりますが、延長工事は問題なく出来ます。

隠蔽配管の本当の問題点はこれ!

延長工事は問題ないのですが、問題は次のです。

  • 冷媒管が劣化していないか?
  • 冷媒ガスの違いがないか?

冷媒管に劣化があるとエアコンを設置しても効かなくなってしまいます

冷媒管が長年の使用で劣化していないか、と言うことです。

まれにピンホールと言って針で刺したような穴が開くこともあり、いくら小さな穴とは言え1年~2年を掛けて冷媒ガスが漏れてなくなってしまいます。そうなるとエアコンが効かなくなります。

エアコンが効かないから新しいエアコンにすると言う場合にはガスが抜けていないかを確認しましょう。

また、エアコン取付や取り外しの時に冷媒管を無理に曲げてしまうと管にヒビが入ってこちらもガス抜けが発生してしまいます。

壁内部の配管は確認ができない

配管が見えていれば目で確認することも出来ますが、隠蔽配管だとどこで漏れているかは確認しようがありません。

ガスを注入して大きく穴が開いていればすぐに圧力が下がるので分かるのですが、ピンホールだと1年~2年かけてガス圧が下がるので漏れていると判断するのは事実上不可能です。

 

このような場合は使って頂いて1年とか2年で効きが悪くなったら冷媒管に問題あり、と推測できます。

冷媒ガスの違いの問題

冷媒ガスは現行では「R32」です。

その前は「R410A」です。

隠蔽配管は最長15メートルあるので、管の中に古い種類のガスが残っていると機能が弱まります。

R410 ならまだ問題もかなり少ないのですが、R22は現行のR32に比べると圧力が低かったので、同じ管にR32を入れると冷媒管の許容度も違うので、劣化や圧力に耐えきれずに漏れが発生する可能性もきになります。

※ちなみにR22は既に生産を中止していて2020年には全廃されますので入手不可です。

代替フロンR410A

代替フロンR410A

連絡線は延長できますが工事費は量販店価格より上がります

話は元に戻りますが、連絡線の延長はやってくれる工事店は多いと思います。(殆どの業者で連絡線を延長して不具合が出たと言う事象を聞いたことがないので)

ただし工事費は少し上がると思って下さい。

家電量販店の工事費はかなり安く設定されていますので、一般の工事店では出来ない値段です。

冷媒管の劣化やガス種の違いによる問題は含んでいる筈ですので、これもご理解下さい。

量販店で断られたエアコン取付工事出来ます

エアコン取付

エアコン取付

今まで述べたように一概に連絡線が短いからと言う事だけではなく意外にも複雑な事情があることをご理解頂けたでしょうか?

冷媒管にピンホールがあった場合のガス抜け

設置したとしても冷媒管にピンホールなどの問題があってガスが抜けてしまうと効き目が弱くなったり、最悪効かなくなってしまいます。

前述の通りガスが抜けるのが1年かかって抜ける場合、ガス圧チェックをしても分かりません。

このケースだと責任を負えませんので取付を嫌う業者も多いです。

工事費用などを考慮して妥協案も視野に入れるのが得策

どうしても隠蔽配管にこだわる場合は壁や天井を剥がして配管を新しくする方法があります。

見た目にこだわりはない、と言う方には露出配管をお勧めしますが、マンションの場合は鉄筋コンクリートの壁に孔を開けなければならないので管理組合に予め届出書を出して許可が下りてからの工事になります。

費用があまりにもかかってしまう場合は次のような案で妥協するしかありません。

ガスが抜けるのに1年以上掛かる場合は、抜けたらガスを充てんすることに同意して頂くことが最安と考えます。

これに同意できない場合は配管をリニューアルすることが最良だと思います。

 


事例

このブログ作成の後、世田谷区の方からご連絡を頂きやはり量販店で購入したのだけれど取付をしてくれなかったと言う事例がありました。

幸い、エアコン本体がキャンセルでき、弊社でエアコンを取り寄せ交換工事までをさせて頂きました。

何か困った事があればお気軽にご相談下さい

※量販店のエアコン工事をしている方からコメントが入りました(どこのどなたかは明記されていませんでしたが)。それによるとメーカーの指定により延長が出来ないのだとのことでした。延長をしない、と言うことは壁や床を剥がして配線を新たに入れ替えなければなりません。メーカーはそれを承知で指示していると言うことでしょうか。職人はメーカーと契約している場合、メーカーでNGと言われる工事をすることはできません。職人のせいばかりとは言えないと思います。