浴室の鏡をキレイに保つ方法

浴室の鏡はかなり早く汚れが付着しますよね。

水垢と呼ばれる汚れが付着します。

ただ単に水やお湯だけが付くならまだしも、石鹸カス、人の垢などが混ざって付着するのです。

鏡を常にキレイにしておくためには、自動車のワイパーのような物で(以前IKEAで売っていたと記憶していますが…)お風呂が終わったら最後に水をそのワイパーで切っておくこと、それだけです。

水に含まれる塩素などが乾く時に固まるのです。

これが固まって層になると本当に落としきれません。

ダイアモンドパッドと呼ばれる水垢取りがあります。これで、ある程度は落ちますが、しつこい汚れは落としきれません。

白く層になった頑固な汚れはダイアモンドパッドのような硬いもので擦らなければ落ちません。

しかし、それほど硬いものなので、鏡本体に擦り傷をつけてしまい、結果汚れが付着しやすくなってしまいます。

結果、鏡を交換するしかないのです。

やはり汚れのない鏡はキレイですね。

新しくなったら、例のワイパーで水を切っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です