洗面化粧台の底板の張替

洗面化粧台の底板の張替えをしました。

お客様より底板以外は劣化が少ないので、何とか使いたいとのご要望です。

この板をよ~く見てみると

板が表面の層が紙のようになってしまいました。

まずは底板をはがします。

やはり紙のようにはがれます。

下地は角材で補強します。

排水管を通し、ビニールテープで臭い防止も兼ねて巻いて、ビスで留めて終わりです。

既存の底板は水を吸ってしまってあのように紙のようになっていました。

と言うことは縦面も底板を留める下地材もある程度は腐食しています。

これが劣化した時には交換しかないと思います。また、その時には床も見直した方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です