水漏れ跡

水漏れや雨漏りが判明した場合は最初に調査をしなければなりません。

上の階からの水漏れがあるとボードや壁紙の内装工事が必要です。

また電気関係にも影響があります。

電線に不純物の混ざった水がかかるとショートしてしまいます。

ビニールで覆われている所は問題ないのですが、電線が露出している所に水がかかるとショートしてしまいますし、電子機器などは破損してしまいます。

今回は収納の中の内装と火災報知器の交換です。居住スペースには漏水の影響はなかったようです。

階上で水漏れ事故が発生したので、天井のクロスが茶色に変色しています。

既に水分はなく乾いていますが、やはり気持ちは良くないです。

もちろん、こんなケースでは漏水の原因を作った方の保険で被害側の工事代金は負担して頂きます。(火災保険 )

今回はクロスの貼替と火災報知器の交換。

火災報知器は防災設備屋さんが交換します。

今回の現場の火災報知器は電池式の物ではなく集中管理式なので、専門業者でないと交換は出来ません。

クロスの貼り替えの後に火災報知器を交換しました。

収納内ですがやはりキレイになると気持ち良いですよね。

天井と壁は白っぽいクロスで仕上げ、床の部分は室内のタイルカーペットの色に合わせたCFで仕上げました。

カビのことを気にせず収納できるようになり精神的にも一安心と言ったところでしょうか。

水漏れや雨漏りで起きた変化で気になる方。ご質問はこちらまでどうぞ

One Reply to “水漏れ跡”

  1. ピンバック: 水漏れ(雨漏り)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です